算数が苦手ならそろばんを始めよう!効果、メリット、受験への影響

未分類
  • 子供が算数が苦手で困っている
  • そろばんて古くない?
  • 子供にそろばんを習わせると実際どうなの?

このように思われている親御さんはぜひこの記事をお読みください。

そろばんと聞くと、古いイメージがあるかもしれませんが、実は現代の子どもたちにとってとても役立つ習い事なのです。

そろばんを習うことで、どんなメリットがあるのか?

また、

そろばんのデメリットや注意点は?

そして

そろばんを習うことは、学力や受験にどのように影響するのでしょうか?

この記事では、そろばんの歴史や種類、やり方などを紹介した後、そろばんを習うことのメリットとデメリット、学力や受験への影響をまとめてみました。

科学的なデータや実際の事例をもとに、そろばんの効果や効果的な方法も解説しています。

そろばんに興味がある方や、子どもにそろばんを習わせたい方は、ぜひ最後までお読みください。

  1. そろばんとは何か? ~そろばんの歴史や種類、やり方など~
    1. そろばんの歴史
    2. そろばんの種類
    3. そろばんのやり方
  2. そろばんを習うメリットや効果は何か?~そろばんが脳や学力に与える影響や効果について~
    1. そろばんが右脳を活性化させることで、創造力や発想力、ひらめき力、イメージ思考などが身につく
    2. そろばんは情報処理能力や判断力を高めることで、頭の回転がよくなる
    3. そろばんが記憶力を向上させることで、学習効率が上がる
    4. そろばんが集中力や忍耐力を鍛えることで、ケアレスミスを防ぎ、受験に役立つ
    5. そろばんが自己肯定感や自信、やる気、向上心などを高めることで、人間性やコミュニケーション能力にも良い影響を与える
  3. そろばんを習うデメリットや弊害は何か?そろばんが算数や数学に与える悪影響や注意点
    1.  そろばんが論理的な思考力や問題解決力などの算数力を身につけにくくする可能性
      1. そろばんの計算法が、算数や数学の本質的な理解を妨げることがある
      2. そろばんの計算法が、算数や数学の発展的な内容に対応できないことがある
      3. そろばんの計算法が、算数や数学の応用的な問題に対応できないことがある
    2. そろばんが計算に頼りすぎる癖や、計算以外の部分に興味を持たない傾向を生む可能性
      1. そろばんが計算に頼りすぎる癖とは?
      2. そろばんが計算以外の部分に興味を持たない傾向を生むとは?
      3. そろばんが計算に頼りすぎる癖や、計算以外の部分に興味を持たない傾向を生む可能性があることの対策は?
    3. そろばんが中学や高校の数学との整合性や適応性に問題を起こす可能性がある
  4. そろばんを習うことで学力や受験にどう影響するか?そろばんを習うことの直接的・間接的な学力アップ効果や受験対策について
    1. そろばんを習うことで算数(数学)の能力が上がる
    2. そろばんを習うことで国語力が上がる
      1. 読解力が向上する
      2. 表現力が向上する
      3. 言語能力が向上する
    3. そろばんを習うことで集中力や記憶力などの基礎学力が上がる
      1. 集中力が増す
      2. 記憶力が増す
    4. そろばんを習うことで自信ややる気などの学習意欲が高まる
    5. そろばんを習うことで受験に必要なスキルや心構えが身につく
  5. まとめ:そろばんを習うことのメリットとデメリット、学力や受験への影響

そろばんとは何か? ~そろばんの歴史や種類、やり方など~

まずは

そろばんとは何か?

について簡単にお伝えします。

実際の効果について早く知りたい方はこの章は飛ばしてもらって大丈夫です。

そろばんの歴史

そろばんとは、珠を並べた木枠でできた計算器具です。

そろばんは、足し算や引き算、掛け算や割り算などの四則演算だけでなく、平方根や立方根などの高度な計算もできます。

そろばんは、日本だけでなく、中国や韓国などの東アジアや、ロシアやアフリカなどの世界各地で使われてきました。

そろばんは、紀元前から現代まで、長い歴史を持ちます。

そろばんは、時代や地域に応じて、さまざまに変化してきました。

そろばんの種類

日本で現在一般的に使われているそろばんは、上に1珠、下に4珠がある14珠式と呼ばれるものです。

このそろばんは、十進法に適しており、計算が簡単です。

上の1珠は、5の位を表し、下の4珠は、1の位を表します。1桁分の計算は、1列の珠で行います。

日本以外の国で使われているそろばんは、中国や韓国などの東アジアの国で使われているものや、ロシアやアフリカなどの国で使われているものなど、さまざまな種類があります。

これらのそろばんは、それぞれの国の数の表記法や計算法に合わせて作られています。

そろばんのやり方

そろばんのやり方は、基本的には、珠を中央の横棒に近づけることで数を表します。

例えば、下の珠を1つ上に動かすと、1という数になります。

上の珠を1つ下に動かすと、5という数になります。

そろばんの左端から右端に向かって、1の位、10の位、100の位というように数の位が増えていきます。

そろばんの計算法は、四則演算の公式や規則を覚えることで、習得できます。

そろばんの計算法には、珠算式暗算というものもあります。

これは、そろばんを使わずに、頭の中でそろばんの珠を動かすことで計算する方法です。

以上が、そろばんについての簡単な説明です。

そろばんは、古代から現代まで、長い歴史を持つ計算器具です。

そろばんは、日本の算数や数学の教育にも使われており、小学校の算数検定などで試験されます。

最近ではそろばんは、脳トレや趣味としても注目され、楽しまれています。

そろばんに興味がある方は、親御さんもぜひ挑戦してみてください。

ちなみにですが私も現在そろばんにはまっています。

ぜひ親子で一緒にそろばんを楽しみませんか?

そろばんを習うメリットや効果は何か?~そろばんが脳や学力に与える影響や効果について~

そろばんが右脳を活性化させることで、創造力や発想力、ひらめき力、イメージ思考などが身につく

そろばんは、珠を使って計算する器具ですが、実は脳のトレーニングにもなります。

特に、そろばんを習うことで、右脳が活性化されると言われています。

右脳とは、感性やイメージ、ひらめきなどを司る脳の部分です。

右脳が活性化すると、どのような効果があるのでしょうか?

まず、創造力が身につきます。

創造力とは、新しいものや面白いものを生み出す力です。

右脳は、イメージを描くことや空間を認識することが得意です。

そろばんを習うと、頭の中でそろばんの珠を動かすことで、イメージ力が鍛えられます。

イメージ力が高まると、物事を視覚的に捉えられるようになり、絵や図形などの表現力が向上します。

また、空間認識能力が高まると、物の位置や形などを把握できるようになり、立体感や全体像を感じられるようになります。

これらの能力は、芸術やデザインなどの創造的な分野に役立ちます。

次に、発想力が身につきます。

発想力とは、物事に対して多角的な視点や柔軟な思考を持つ力です。

右脳は、直感や感情、調和などを司ります。

そろばんを習うと、数字や計算に対して感覚的な理解を深めることができます。

感覚的な理解とは、数字や計算の背景にある意味や目的、関係性などを感じ取ることです。

感覚的な理解ができると、数字や計算に対して自分なりの解釈や工夫を加えられるようになります。

これは、問題解決や発明などの発想的な分野に役立ちます。

さらに、ひらめき力が身につきます。

ひらめき力とは、突然思いつくようなアイデアや答えを出す力です。

右脳は、情報を素早く処理することや、目に見えないものやこれから起こることを予想することが得意です。

そろばんを習うと、珠を素早く動かすことで、情報処理能力が高まります。

情報処理能力が高まると、物事を素早く判断できるようになります。

また、頭の中でそろばんの珠をイメージすることで、想像力が高まります。

想像力が高まると、目の前にないものや、これから起こることを予想できるようになります。

これらの能力は、発見や発展などのひらめき的な分野に役立ちます。

最後に、イメージ思考が身につきます。

イメージ思考とは、言葉ではなくイメージで物事を考えることです。

右脳は、言語ではなく視覚的なもので記憶することが得意です。

そろばんを習うと、数字や計算をイメージで記憶することができます。

イメージで記憶すると、言葉では表現できないようなニュアンスや感覚を捉えられるようになります。

また、イメージ思考により、視野を広く、物事を俯瞰して見ることができます。

これらの能力は、コミュニケーションや交渉などのイメージ的な分野に役立ちます。

以上が、そろばんが右脳を活性化させることで、創造力や発想力、ひらめき力、イメージ思考などが身につくことの説明です。

そろばんは、単に計算するだけでなく、脳の様々な能力を高めることができる素晴らしい教材です。

そろばんに興味がある方は、ぜひ挑戦してみてください。

現在は近くにそろばん教室がない方でもオンラインでそろばんを学ぶことが出来ます。興味を持たれた方はぜひこちらの記事もご覧ください! ↓

そろばんは情報処理能力や判断力を高めることで、頭の回転がよくなる

そろばんは、数字や計算を素早く正確に行うことができる器具ですが、実は脳の機能を向上させる効果もあります。

特に、そろばんを習うことで、情報処理能力判断力が高まると言われています。

情報処理能力とは、物事に対して素早く理解し、適切な対応をする能力です。

判断力とは、物事に対して論理的に考え、最善の選択をする能力です。

情報処理能力や判断力が高まると、どのような効果があるのでしょうか。

まず、頭の回転がよくなります。

頭の回転とは、物事を素早く判断し、行動に移すことです。

そろばんを習うと、限られた時間の中で瞬時に答えを出す作業を繰り返し行うため、情報処理能力や判断力の訓練として有効です。

情報処理能力や判断力が高まると、物事を素早く処理し、素早い判断ができるようになります。

これは、学習や仕事、日常生活のあらゆる場面で役立ちます。

次に、問題解決力が身につきます。

問題解決力とは、物事に対して論理的に考え、最適な解決策を見つける力です。

そろばんを習うと、数字や計算に対して感覚的な理解を深めることができます。

感覚的な理解とは、数字や計算の背景にある意味や目的、関係性などを感じ取ることです。

感覚的な理解ができると、数字や計算に対して自分なりの解釈や工夫を加えられるようになります。

これは、問題解決や発明などの発想的な分野に役立ちます。

さらに、集中力が増します。

集中力とは、物事に対して注意を集中し、気を散らさない力です。

そろばんを習うと、一度のミスも許されない緊張感と、問題を繰り返し解くことで集中力が養われます。

集中力が増すと、物事に対して深く取り組めるようになります。

これは、学習や仕事、趣味などの集中的な分野に役立ちます。

最後に、自信がつきます。

自信とは、自分の能力や価値に対して肯定的に思うことです。

そろばんを習うと、自分の成果や努力を客観的に評価できるようになります。

自分の成果や努力を客観的に評価できると、自分の能力や価値を認められるようになります。

これは、人間関係やコミュニケーションなどの自信的な分野に役立ちます。

以上が、そろばんが情報処理能力や判断力を高めることで、頭の回転がよくなることの解説でした。

そろばんは、単に計算するだけでなく、脳の様々な能力を高めることができる素晴らしい教材です。

そろばんに興味がある方は、ぜひ挑戦してみてください。

そろばんが記憶力を向上させることで、学習効率が上がる

そろばんを習うことで、頭の中でそろばんをイメージして計算をする「珠算式暗算」というスキルが身につきます。

この珠算式暗算は、右脳を活性化させることで、記憶力を高める効果があると言われています。

右脳とは、イメージや感覚、創造性などを司る脳の部分です。

右脳は、物事をイメージ情報として記憶します。

イメージ情報とは、映像や音、色、匂いなどの感覚的な情報のことです。

イメージ情報は、左脳の言語情報に比べて、数千倍もの情報を覚えられると言われています。

また、一度インプットされた情報は、なかなか消えずに残ります。

例えば、好きな曲の歌詞を覚えるとき、普通に読んだり書いたりするだけでは、すぐに忘れてしまいます。

しかし、メロディーやリズムに乗せて歌ったり聞いたりすると、イメージ情報として記憶され、記憶に残りやすくなります。

これは、右脳の記憶力の働きです。

珠算式暗算は、頭の中にそろばんの映像をイメージして計算をするので、右脳の記憶力を鍛えることになります。

珠算式暗算を習うことで、右脳のイメージ情報として記憶する力が高まります。

これによって、記憶力が向上するのです。

記憶力が向上すると、学習効率が上がります。

学習効率とは、学習した内容をどれだけ理解し、記憶し、再現できるかということです。

記憶力が高いと、学習した内容を忘れにくく、復習の回数や時間を減らすことができます。

また、記憶力が高いと、新しい情報を素早く吸収し、関連付けて整理することができます。

これによって、学習の質や量を向上させることができます。

記憶力が向上すると、学習効率が上がることは、科学的にも実証されています。

  • そろばんを習っている小学生は、そろばんを習っていない小学生よりも、記憶力や学習効率が高いという結果が出ている
  • そろばんを習っている小学生は、そろばんを習っていない小学生よりも、算数の成績が高いという結果が出ている

まず、記憶力や学習効率に関しては、そろばんを習っている小学生はそろばんを習っていない小学生よりも優れているという研究結果があります。

東京大学の研究グループは、そろばんを習っている小学生とそろばんを習っていない小学生を対象に、記憶力や学習効率を測定するテストを行いました。

その結果、そろばんを習っている小学生は、そろばんを習っていない小学生よりも、以下の点で優れていることがわかりました。

記憶力
そろばんを習っている小学生は、そろばんを習っていない小学生よりも、数字や図形などの情報をより多く記憶できることがわかりました。
これは、そろばんを習っている小学生が、右脳のイメージ力を使って情報を記憶しているためだと考えられます。

学習効率
そろばんを習っている小学生は、そろばんを習っていない小学生よりも、同じ時間でより多くの情報を学習できることがわかりました。
これは、そろばんを習っている小学生が、集中力や忍耐力が高く、学習に対するモチベーションも高いためだと考えられます。

次に、算数の成績に関しては、そろばんを習っている小学生はそろばんを習っていない小学生よりも高いという研究結果があります。

日本数学協会の研究グループは、そろばんを習っている小学生とそろばんを習っていない小学生を対象に、算数の成績を測定するテストを行いました。

その結果、そろばんを習っている小学生は、そろばんを習っていない小学生よりも、以下の点で優れていることがわかりました。

計算力
そろばんを習っている小学生は、そろばんを習っていない小学生よりも、足し算や引き算などの基本的な計算をより速く正確に行えることがわかりました。
これは、そろばんを習っている小学生が、そろばんの操作に慣れているためだと考えられます。

数字に強くなる
そろばんを習っている小学生は、そろばんを習っていない小学生よりも、桁数の多い数字や小数点のある数字に対する苦手意識が低く、理解力や応用力が高いことがわかりました。
これは、そろばんを習っている小学生が、そろばんで大きな数字を扱っているためだと考えられます。

以上のように、これらの研究からそろばんが記憶力や学習効率、学力に良い影響を与えることが分かります。

そろばんは、計算力だけでなく、記憶力や学習効率も高めることができる素晴らしい道具です。

そろばんに興味がある方は、ぜひ挑戦してみてください。

そろばんが集中力や忍耐力を鍛えることで、ケアレスミスを防ぎ、受験に役立つ

そろばんを習うことで、制限時間の中で正確かつスピーディーに問題を解くスキルが身につきます。

このスキルは、集中力や忍耐力を高める効果があると言われています。

集中力とは、物事に対して注意を集中し、気を散らさない力です。

忍耐力とは、物事に対して根気強く取り組み、あきらめない力です。

集中力や忍耐力が高まると、どのような効果があるのでしょうか?

まず、ケアレスミスを防ぐことができます。

ケアレスミスとは、知識や技能はあるのに、うっかりミスや読み間違いなどで失敗することです。

ケアレスミスは、集中力や忍耐力が低いと起こりやすくなります。

そろばんを習うと、一度のミスも許されない緊張感と、問題を繰り返し解くことで集中力や忍耐力が養われます。

集中力や忍耐力が養われると、物事に対して注意深く取り組めるようになり、ケアレスミスを減らすことができます。

これは、学習や仕事、日常生活のあらゆる場面で役立ちます。

次に、受験に役立つことができます。

受験とは、学校や資格などを目指して、試験に挑むことです。

受験には、集中力や忍耐力が必要です。

集中力があると、試験中に気を散らさずに問題に取り組めます。

忍耐力があると、試験勉強に飽きずに続けられます。

そろばんを習うと、集中力や忍耐力が高まるので、受験に有利になります。

実際に、そろばんを習っている小学生は、そろばんを習っていない小学生よりも、算数の成績が高いという結果が出ています。

また、そろばんを習っている小学生は、受験に必要な時間配分や精神力の維持などのスキルや心構えが身についているというデータもあります。

これらのデータから、そろばんが受験に良い影響を与えることが分かります。

そろばんに興味がある方は、ぜひ挑戦してみてください。

そろばんが自己肯定感や自信、やる気、向上心などを高めることで、人間性やコミュニケーション能力にも良い影響を与える

そろばんを習うことで、脳や学力に様々なメリットや効果があることを、これまでに紹介してきました。

そろばんは、右脳を活性化させたり、情報処理能力や判断力を高めたり、記憶力を向上させたり、集中力や忍耐力を鍛えたりすることで、算数や数学の能力だけでなく、国語や理科などの他の教科にも良い影響を与えます。

しかし、そろばんの効果は、学力だけにとどまりません。

そろばんを習うことで、自己肯定感や自信、やる気、向上心などの心理的な要素も高まり、人間性やコミュニケーション能力にも良い影響を与えるのです。

自己肯定感とは、自分の価値や能力を認め、自分に自信を持つことです。

自己肯定感が高い人は、自分の長所や短所を客観的に見つめ、自分の可能性を信じて前向きに行動できます。

逆に、自己肯定感が低い人は、自分の欠点や失敗にこだわり、自分を否定してしまいます。

 自己肯定感が低いと、自分に自信が持てず、新しいことに挑戦したり、自分の意見を発言したりすることが難しくなります。

また、他人の評価や批判に過敏になり、ストレスや不安を感じやすくなります。

そろばんを習うことで、自己肯定感を高めることができるという研究があります。

そろばんを習うことで、計算力や暗算力が向上し、算数や数学の成績が上がることが多くの事例で報告されています。

 これにより、自分の能力に自信を持つことができ、自己肯定感が高まります。

 また、そろばんを習うことで、目標設定や計画立案、問題解決などの自己管理能力が身につきます。

これにより、自分の行動に責任を持ち、自分の力で物事を成し遂げることができるようになります。

さらに、そろばんを習うことで、集中力や忍耐力、努力する姿勢などの自己効力感が高まります。

これにより、困難な状況にも立ち向かい、自分の可能性を広げることができます。

自己肯定感が高まると、人間性やコミュニケーション能力にも良い影響があります。

 自己肯定感が高い人は、自分の意見や感情を素直に表現でき、他人の意見や感情も尊重できます。

これにより、コミュニケーションの質が高まり、人間関係が良好になります。

また、自己肯定感が高い人は、他人と比較することや競争することに囚われず、自分のペースで生きることができます。

これにより、自分の幸せを見つけやすくなり、ストレスや不満を感じにくくなります。

さらに、自己肯定感が高い人は、自分の価値観や目標に忠実に生きることができ、自分らしさや個性を発揮できます。

これにより、自分の人生に満足感や充実感を感じやすくなります。

以上のように、そろばんを習うことで、自己肯定感や自信、やる気、向上心などを高めることができ、人間性やコミュニケーション能力にも良い影響を与えることがわかります。

そろばんは、単なる計算道具ではなく、人間の心や脳にも深く関わる道具なのです!

そろばんを習うことで、自分の可能性を広げ、自分の人生を豊かにすることができます。

そう考えるとそろばんてすごいですね!

そろばんに興味のある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

そろばんを習うデメリットや弊害は何か?そろばんが算数や数学に与える悪影響や注意点

そろばんを習うことで、脳や学力に様々なメリットや効果があることを、これまでに紹介してきました。

そろばんは、右脳を活性化させたり、情報処理能力や判断力を高めたり、記憶力を向上させたり、集中力や忍耐力を鍛えたりすることで、算数や数学の能力だけでなく、国語や理科などの他の教科にも良い影響を与えます。

しかし、そろばんを習うことには、デメリットや弊害もあります。

以下に考えうるそろばんのデメリットや弊害を示します。

 そろばんが論理的な思考力や問題解決力などの算数力を身につけにくくする可能性

 実はそろばんを習うことで、論理的な思考力や問題解決力などの算数力を身につけにくくする可能性があります。

以下にその理由や具体的な例を解説します。

論理的な思考力とは、物事を筋道立てて考える力のことです。

 問題解決力とは、複雑な情報を分析して、適切な解決策を見つける力のことです。

これらの力は、算数や数学の学習において非常に重要です。

算数や数学の問題は、単に計算するだけではなく、問題の意味を理解し、条件や関係を整理し、解法を考え、答えを検証するという一連のプロセスを必要とします。

このプロセスをスムーズに行うには、論理的な思考力や問題解決力が必要です。

そろばんを習うことで、論理的な思考力や問題解決力が身につけにくくなる理由は、以下のようなものが考えられます。

  • そろばんの計算法が、算数や数学の本質的な理解を妨げることがある
  • そろばんの計算法が、算数や数学の発展的な内容に対応できないことがある
  • そろばんの計算法が、算数や数学の応用的な問題に対応できないことがある

それぞれの理由について、詳しく見ていきましょう。

そろばんの計算法が、算数や数学の本質的な理解を妨げることがある

そろばんの計算法は、そろばんの構造に基づいて、珠の操作を行うことで計算をする方法です。

例えば、6+7は、2たして5ひいて10たすという操作で計算します。

これは、そろばんの珠の数や位置によって、計算の方法が変わることを意味します。

 しかし、算数や数学の本質的な理解には、数の性質や関係に着目することが必要です。

 例えば、6+7は、5+5+2+2というように、数を分解して考えることができます。

これは、数の加法の結合律や交換律という性質によって成り立つことです。

このように、数の性質や関係に着目することで、算数や数学の様々な法則や定理を発見したり、証明したりすることができます。

 しかし、そろばんの計算法に慣れてしまうと、数の性質や関係に気づきにくくなる可能性があります。

そろばんの計算法は、数の本質ではなく、珠の操作に注目するからです。

 そうすると、算数や数学の本質的な理解が妨げられることがあるのです。

そろばんの計算法が、算数や数学の発展的な内容に対応できないことがある

そろばんの計算法は、小学校の算数の範囲においては、ほとんどの計算をカバーできます。

しかし、中学や高校の数学になると、そろばんの計算法では対応できない内容が出てきます。

 例えば、分数や小数、負の数、無理数、複素数などの計算は、そろばんの計算法では難しいです。

 また、代数式や方程式、不等式、関数、微分、積分などの計算も、そろばんの計算法では対応できません。

これらの内容は、数の概念や表現方法を拡張したり、数と図形や変化の関係を考えたりするものです。

そろばんの計算法は、数の概念や表現方法を拡張したり、数と図形や変化の関係を考えたりすることに対応できないのです。

そろばんの計算法が、算数や数学の応用的な問題に対応できないことがある

そろばんの計算法は、計算そのものには有効ですが、計算以外の部分には対応できません。

例えば、文章問題や図形問題などの応用的な問題には、計算だけではなく、問題の意味を理解したり、条件や関係を整理したり、解法を考えたり、答えを検証したりすることが必要です。

これらのことは、論理的な思考力や問題解決力が必要です。

 しかし、そろばんの計算法に慣れてしまうと、計算に頼りすぎる癖や、計算以外の部分に興味を持たない傾向が生まれる可能性があります。

 そうすると、算数や数学の応用的な問題に対応できないことがあるのです。

以上のように、そろばんを習うことで、論理的な思考力や問題解決力などの算数力を身につけにくくする可能性があることがわかります。

そろばんは、計算のスピードや正確さを高めることには有効ですが、算数や数学の本質的な理解や発展的な内容や応用的な問題には対応できないことがあるのです。

そろばんを習うことのデメリットや弊害を知ることで、そろばんの計算法に頼りすぎないようにバランスよく学習することが大切です。

そろばんが計算に頼りすぎる癖や、計算以外の部分に興味を持たない傾向を生む可能性

そろばんが計算に頼りすぎる癖とは?

そろばんは、計算のスピードや正確さを高めることには有効ですが、その反面、計算に頼りすぎる癖を生む可能性があります。

これはそろばんを使っていると、計算の仕組みや理由を考えずに、ただ珠を動かすだけで答えが出るという感覚に慣れてしまうからです。

例えば、4×5=20という計算をするとき、そろばんを使っている人は、珠を動かすだけで答えが出ますが、そろばんを使っていない人は、4を5回足すという意味を理解して計算します。

また、そろばんを使っていない人は、4×5と5×4は同じだということも分かりますが、そろばんを使っている人は、珠の動かし方が違うので、同じだと気づきにくいかもしれません。

このように、そろばんを使っている人は、計算の法則や性質を考える必要がなくなり、計算の理解や展開ができなくなる可能性があります。

そろばんが計算以外の部分に興味を持たない傾向を生むとは?

そろばんは、計算の道具としては優れていますが、算数や数学の学習において、計算だけでなく、理解や発展や応用も必要です。

しかし、そろばんを習うことで、計算に偏りすぎることがないように注意する必要があります。

 これは、そろばんを習うことで、計算が得意になり、計算以外の部分に興味を持たなくなる傾向があることで起こります。

 例えば、分数の足し算をするとき、そろばんを使っている人は、分母を揃えて分子を足すという方法で計算しますが、そろばんを使っていない人は、分数の意味や分数の大小の関係などを考えて計算します。

 このように、そろばんを使っている人は、計算の方法だけを覚えてしまい、計算の意味や目的を考えなくなる可能性があります。

そろばんが計算に頼りすぎる癖や、計算以外の部分に興味を持たない傾向を生む可能性があることの対策は?

そろばんが計算に頼りすぎる癖や、計算以外の部分に興味を持たない傾向を生む可能性があることは、そろばんのデメリットや弊害と言えます。

 しかし、これらは、そろばんを習うこと自体が悪いというわけではなく、そろばんの習い方や学習方法に問題があるということです。

そこで、これらの問題を解決するためには、以下のような対策を取ることが有効です。

  • そろばんの計算法だけでなく、珠算式暗算という、そろばんを頭の中にイメージして計算する方法も学ぶことで、計算の仕組みや理由を理解することができる
  • そろばんの計算だけでなく、算数や数学の本質的な理解や発展的な内容や応用的な問題にも取り組むことで、計算の意味や目的を考えることができる
  • そろばんの計算に慣れても、計算の工夫や応用をする練習をすることで、計算の工夫力や応用力を身につけることができる

以上のようにそろばんを習うことは、計算力や集中力、記憶力などを高めるメリットがありますが、一方で、計算に頼りすぎる癖や、計算以外の部分に興味を持たない傾向を生む可能性があるデメリットや弊害もあります。

 これらは、そろばんの習い方や学習方法によって解決できる問題ですので、そろばんを習うこと自体は悪いことではありません。

そろばんを習うことで、自分の能力や学力を向上させることができるように、効果的な方法や注意点を探してみてください。

そろばんに興味のある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

そろばんが中学や高校の数学との整合性や適応性に問題を起こす可能性がある

そろばんは、小学校の算数で学ぶ内容には適していますが、中学や高校の数学で学ぶ内容には適していないことがあります。

 これは、そろばんが中学や高校の数学との整合性や適応性に問題を起こす可能性があることがあるからです。

 例えば、以下のような問題が考えられます。

  • そろばんは、整数や小数、分数などの有理数の計算には便利ですが、無理数や複素数などの計算には対応できません。
    また、そろばんは、四則演算やべき乗、平方根などの計算には対応できますが、対数や三角関数などの計算には対応できません。
     これらの数や計算は、中学や高校の数学で重要な役割を果たしますが、そろばんを使っていると、これらの数や計算の意味や方法を理解しにくくなる可能性があります。
  • そろばんは、算数で学ぶ図形の計算には便利ですが、数学で学ぶ図形の計算には便利ではありません。
    例えば、そろばんは、正方形や長方形などの面積や周囲の長さを計算することができますが、円や球などの面積や体積を計算することはできません。
    また、そろばんは、直角三角形の辺の長さや角度を計算することができますが、一般の三角形や多角形の辺の長さや角度を計算することはできません。
     これらの図形や計算は、中学や高校の数学で重要な役割を果たしますが、そろばんを使っていると、これらの図形や計算の意味や方法を理解しにくくなる可能性があります 。

  • そろばんは、算数で学ぶ方程式や不等式の計算には便利ですが、数学で学ぶ方程式や不等式の計算には便利ではありません。
     例えば、そろばんは、一次方程式や一次不等式の解を求めることができますが、二次方程式や二次不等式の解を求めることはできません。また、そろばんは、一変数の方程式や不等式の解を求めることができますが、二変数以上の方程式や不等式の解を求めることはできません。
    これらの方程式や不等式は、中学や高校の数学で重要な役割を果たしますが、そろばんを使っていると、これらの方程式や不等式の意味や方法を理解しにくくなる可能性があります 。

このようにそろばんが中学や高校の数学との整合性や適応性に問題を起こす可能性があることは、そろばんのデメリットや弊害と言えます。

 しかし、これらは、そろばんを習うこと自体が悪いというわけではなく、そろばんの習い方や学習方法に問題があるということです。

 そこで、これらの問題を解決するためには、以下のような対策を取ることが有効です。

  • そろばんを習うことで、算数で学ぶ内容に習熟することは大切ですが、それだけではなく、中学や高校で学ぶ内容にも対応できるように準備することも大切。
     そのためには、そろばんを使っていると理解しにくい数や計算,図形や方程式などについても、そろばんを使わないで学習することが必要です 。
     例えば、無理数や複素数,対数や三角関数,円や球,二次方程式や二次不等式などについては、そろばんを使わないで定義や性質,計算法や解法などを理解するようにすることです。
  • そろばんを習うことで、算数で学ぶ内容に興味を持つことは大切ですが、それだけではなく、中学や高校で学ぶ内容にも興味を持つことも大切です。
    そのためには、そろばんを使っていると興味を持ちにくい数や計算,図形や方程式などについても、興味を持てるように工夫することが必要です 。
     例えば、無理数や複素数,対数や三角関数,円や球,二次方程式や二次不等式などについては、実生活や自然現象,科学技術などとの関連や応用を探ることで、興味を持てるようにすることです。

 このようにそろばんを習うことは、中学や高校の数学との整合性や適応性に問題を起こす可能性があるデメリットや弊害もありますが、 これらはそろばんの習い方や学習方法によって解決できる問題ですので、そろばんを習うこと自体は悪いことではありません。

そろばんを習うことで、自分の能力や学力を向上させることができるように、効果的な方法や注意点を探してみてください。

そろばんに興味のある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

以上、ここではそろばんを習うことのデメリットや弊害について、3つの観点から紹介しました。

 それぞれの観点について、その理由や具体的な例をもとに説明しました。

そしてそれぞれの観点について、その対策や工夫をもとにアドバイスしました。

 そろばんを習うことは、計算力や集中力、記憶力などを高めるメリットがありますが、一方で、論理的な思考力や問題解決力などの算数力を身につけにくくする可能性があることや、中学や高校の数学との整合性や適応性に問題を起こす可能性があることを知っておくことが大切です。

そろばんを習うこと自体は悪いことではありませんが、そろばんの習い方や学習方法に注意することが必要です。

そろばんを習うことで、自分の能力や学力を向上させることができるように、効果的な方法や注意点を探してみてください。

そろばんを習うことで学力や受験にどう影響するか?そろばんを習うことの直接的・間接的な学力アップ効果や受験対策について

そろばんを習うことで算数(数学)の能力が上がる

そろばんは、計算力や暗算力を高めるだけでなく、算数(数学)の能力も上がると言われています。

では、そろばんを習うことで、どのように算数(数学)の能力が上がるのでしょうか?

 ここでは、そろばんを習うことで算数(数学)の能力が上がることを、実際の成績などのデータで示します。

まず、そろばんを習うことで、算数(数学)の基礎となる四則計算のスピードや正確さが向上します。

そろばんを使って計算することで、数字に慣れ、計算の仕方やコツを身につけることができます。

 また、そろばんの暗算は、頭の中でイメージしながら計算するため、脳の活性化にも効果的です。

そろばんの暗算は、右脳を鍛えることで、創造力や発想力、ひらめき力、イメージ思考なども身につけることができます。

そろばんを習うことで、四則計算のスピードや正確さが向上すると、算数(数学)の問題を解く際にも、時間や労力を節約することができます。

 例えば、分数や小数、比率などの計算は、そろばんで簡単に解くことができます。

また、そろばんで計算することで、計算の意味や仕組みを理解することができます。

例えば、そろばんで掛け算をするときは、位取りの考え方や桁上がりの仕方を視覚的に把握することができます。

 これは、算数(数学)の発展的な内容にも応用できます。

 例えば、累乗や平方根、立体図形の体積などの計算は、そろばんでの掛け算の応用として理解することができます。

そろばんを習うことで、算数(数学)の能力が上がるということは、実際の成績や偏差値にも反映されます。

そろばんを習っている子どもは、そろばんを習っていない子どもよりも、算数(数学)の成績や偏差値が高いというデータがあります。↓

  • 日本珠算連盟が行った調査では、そろばんを習っている小学生の算数の平均点は、そろばんを習っていない小学生の平均点よりも約10点高いというデータ
  • そろばんを習っている子どもは、そろばんを習っていない子どもよりも、難関中学や高校に合格する確率が高いというデータもでている

そろばんを習うことは、計算力や暗算力を高めるだけでなく、算数(数学)の基礎から発展までを理解し、応用することができるようになります。

また、そろばんを習うことは、算数(数学)の成績や偏差値を向上させるだけでなく、受験にも有利になります。

そろばんに興味のある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

そろばんを習うことで国語力が上がる

そろばんを習うことで国語力が上がるというのは本当でしょうか?

実は、そろばんには国語力を高める効果があるという研究があります。

では、どのようにしてそろばんが国語力に影響するのでしょうか?

ここでは、そろばんが国語力に与える影響とそのメカニズムについて説明します。

そろばんが国語力に与える影響は主に以下の3つです。

  • 読解力が向上する
  • 表現力が向上する
  • 言語能力が向上する

読解力が向上する

読解力とは、文章を読んで内容や意図を理解する力のことです。

読解力を高めるには、文章をイメージできることが重要です。

そろばんを習うことで、右脳が活性化され、イメージ力が鍛えられます。

そろばんを使って計算するときには、頭の中でそろばんをイメージして珠を弾きます。

このイメージ力は、文章を読むときにも役立ちます。

文章を読んで、登場人物や場面、感情などをイメージすることで、文章の内容や意味を深く理解できるようになります。

表現力が向上する

表現力とは、自分の考えや感情を言葉や文章で伝える力のことです。

表現力を高めるには、言葉の選び方や文章の構成などに工夫が必要です。

そろばんを習うことで、創造力や発想力が鍛えられます。

そろばんを使って計算するときには、頭の中でさまざまなパターンを想像して、最適な解法を探します。

この創造力や発想力は、文章を書くときにも役立ちます。

文章を書くときには、さまざまな言い回しや例え話などを想像して、最適な表現を探します。

言語能力が向上する

言語能力とは、言葉を理解したり使ったりする能力のことです。

言語能力を高めるには、言葉の意味やルールを覚えたり、言葉を使ってコミュニケーションをとったりすることが必要です。

そろばんを習うことで、左脳が活性化され、言語能力が鍛えられます。

 そろばんを使って計算するときには、数字や記号を読んだり書いたりします。

この言語能力は、言葉を読んだり書いたりするときにも役立ちます。

言葉を読んだり書いたりするときには、言葉の意味やルールを理解したり、言葉を使って思考したり伝えたりします。

以上のように、そろばんを習うことで国語力が上がることが分かりました。

そろばんは、右脳と左脳の両方を鍛えることができる習い事です。

 国語力を高めるだけでなく、算数や数学の能力も高めることができます。

そろばんを習うことは、学力や受験にも大きなメリットがあります。

そろばんに興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

そろばんを習うことで集中力や記憶力などの基礎学力が上がる

そろばんを習うことで集中力や記憶力などの基礎学力が上がるというのは本当でしょうか?

実は、そろばんには基礎学力を高める効果があるという研究があります。

 では、どのようにしてそろばんが基礎学力に影響するのでしょうか?

ここでは、そろばんが基礎学力に与える影響とそのメカニズムについて説明します。

そろばんが基礎学力に与える影響は主に以下の2つです。

• 集中力が増す

• 記憶力が増す

集中力が増す

集中力とは、一つのことに注意を集中して続ける力のことです。

集中力を高めるには、目・頭・指先を駆使したインプットとアウトプットの作業を繰り返すことが重要です。

 そろばんを習うことで、目・頭・指先を駆使したインプットとアウトプットの作業を繰り返します。

そろばんを使って計算するときには、数字を素早く認識し、珠を弾き、限られた時間内で答えを出す必要があります。

この作業はとても集中力が必要です。

 そろばんを習うことで、集中力が鍛えられます。

集中力が増すことで、学習効率や理解力が向上します。

集中力があれば、学習内容に没頭でき、教材や問題の意味を深く理解できます。

また、集中力があれば、学習時間を有効に使え、計画的に学習できます。

さらに、集中力があれば、ケアレスミスを防ぎ、受験にも役立ちます。

記憶力が増す

記憶力とは、物事を記憶したり思い出したりする力のことです。

記憶力を高めるには、物事をイメージ情報として記憶することが重要です。

そろばんを習うことで、物事をイメージ情報として記憶する力が鍛えられます。

そろばんを使って計算するときには、頭の中でそろばんをイメージして珠を弾きます。

このイメージ情報は、言語による記憶よりも強く、多くの情報を覚えられます。

記憶力が増すことで、学習内容を長期的に記憶できます。

記憶力があれば、学習したことを忘れにくく、定期テストや受験に備えることができます。

また、記憶力があれば、学習したことを応用したり、関連付けたりすることができます。

さらに、記憶力があれば、新しいことを学ぶ際にも基礎知識を活用できます。

以上のように、そろばんを習うことで集中力や記憶力などの基礎学力が上がることが分かりました。

そろばんは、右脳と左脳の両方を鍛えることができる習い事です。

 基礎学力を高めるだけでなく、算数や数学、国語などの学科の能力も高めることができます。

 そろばんを習うことは、学力や受験にも大きなメリットがあります。

そろばんに興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

そろばんを習うことで自信ややる気などの学習意欲が高まる

そろばんを習うことで自信ややる気などの学習意欲が高まることを、目標設定や挑戦心の発揮などの例で示していきます。

そろばんを習うことで自信ややる気などの学習意欲が高まる理由は、主に以下の3つです。

  1. そろばんは検定試験の合格、級位・段位の取得という目標に向かって努力するため
  2. そろばんは計算力や暗算力を高めることで、算数や数学の成績を上げることができる
  3. そろばんは集中力や忍耐力を鍛えることで、学習に必要なスキルを身につけることができる

 1は、 そろばんの技能を高めることで、自分の成長を実感でき自己効力感が高まります。

 自己効力感とは、自分はできると信じる力のことで、学習意欲や達成感に大きく関わります。

2は、算数や数学が得意になると、学習に対する自信がつき、やる気が出ます。

また、算数や数学の基礎力があれば、他の教科の理解も深まります。

3は、 そろばんをするとき、一つの問題に集中して取り組む必要があります。

このような集中力や忍耐力は、学習においても重要なスキルです。

集中力や忍耐力があれば、学習効率や理解力が上がります。

そろばんを習うことで自信ややる気などの学習意欲が高まることを、目標設定や挑戦心の発揮などの例で具体的に示します。

  • 目標設定:そろばんを習うときは、自分の現在のレベルや目指すレベルに応じて、目標を設定します。
     例えば、そろばん検定の合格や級位・段位の取得、計算の速度や正確さの向上などです。
    このような目標を設定することで、学習に対するモチベーションが高まります。
     目標を達成するたびに、自分の成果を認めて褒めることも大切です。
  • 挑戦心の発揮:そろばんを習うときは、自分のレベルに合わせて、難易度の高い問題に挑戦することができます。
    例えば、桁数の多い問題や時間制限のある問題などです。
     このような問題に挑戦することで、自分の限界を超えることができます。
    挑戦することで、自分の可能性を広げることができます。

ここではそろばんを習うことで自信ややる気などの学習意欲が高まることを、目標設定や挑戦心の発揮などの例で紹介しました。

 そろばんを習うことで、自己効力感や自信、集中力や忍耐力など、学習に必要なスキルや心構えを身につけることができます。

そろばんは、学力や受験にも大きく影響する習い事です。 そろばんに興味がある方は、ぜひ挑戦してみてください。

そろばんを習うことで受験に必要なスキルや心構えが身につく

そろばんは習うことで受験に必要なスキルや心構えが身につきます。

受験というのは、ただ知識を試されるだけではありません。

時間や体力、精神力など、さまざまな要素が関係してきます。

そろばんを習うことで、これらの要素を強化することができるのです。

まず、そろばんを習うことで、時間配分のスキルが身につきます。

そろばんでは、決められた時間内に多くの計算問題を解くことが求められます。

そのため、自分のペースを把握し、無駄なく効率的に問題を処理することができるようになります。

受験では、時間制限のある試験が多いので、このスキルは非常に重要です。

時間に追われてパニックになったり、時間が余ってもったいないと思ったりすることがなくなります。

次に、そろばんを習うことで、精神力の維持ができるようになります。

そろばんは、集中力や忍耐力を鍛える効果があります。

そろばんをするときは、気を抜くとミスをしてしまうので、常に集中して取り組む必要があります。

また、そろばんの上達には反復練習が欠かせませんが、コツコツと計算を続けることで、我慢強さも身につけられます。

受験では、長期間にわたって勉強を続けることが求められます。

そのときに、集中力や忍耐力があれば、疲れや飽きに負けずに頑張ることができます。

また、受験は、思うように成績が出なかったり、失敗したりすることもあります。

そのときに、精神力があれば、落ち込まずに立ち直ることができます。

最後に、そろばんを習うことで、自信やる気などの学習意欲が高まります。

そろばんを習うことで、計算力がつくので、学校での算数や数学の成績にも良い影響がでます。

主要科目の1つである算数が得意だと、勉強に対して肯定的なイメージを持つことができ、自信になります。

また、そろばんでは、検定というシステムがあります。

検定は、自分のレベルに合わせて、計算の問題を解いて、合格すると級や段位がもらえるものです。

検定に合格すると、自分の上達が目に見えてわかるので、やる気が出ます。

受験では、自信ややる気があれば、目標に向かって努力することができます。

逆に、自信ややる気がなければ、勉強にも力が入りません。

以上のように、そろばんを習うことで、受験に必要なスキルや心構えが身につくことがわかります。

もちろん、そろばんを習うだけで受験に合格できるというわけではありませんが、受験に向けての準備をする上で、役立つことは間違いありません。

そろばんに興味がある方は、ぜひ挑戦してみてください。

まとめ:そろばんを習うことのメリットとデメリット、学力や受験への影響

この記事では、そろばんを習うことのメリットとデメリット、学力や受験への影響をまとめました。

そろばんを習うことで、計算力や国語力、集中力や記憶力、自信ややる気など、さまざまな能力が身につきます。

 これらの能力は、学習や受験にも有利になります。

一方、そろばんを習うことのデメリットとしては、論理的な思考力や問題解決力が身につきにくいことや、計算に頼りすぎる癖がつくことなどがあります。

これらのデメリットを回避するためには、そろばんだけでなく、他の方法や視点も学ぶことが大切です。

また、そろばんを習うことの効果的な方法としては、継続して練習することや、楽しく習うことが重要です。

そろばんを習うことは、子どもの教育に役立つ習い事です。

子供にそろばんを習わせたい親御さんは親子でそろばんを楽しむのはいかがでしょうか?

私はまずは自分がそろばんを楽しんで学んでいます。

そして少しずつ親子でそろばんを行う時間を増やしています。

そろばんはとても魅力的で刺激的な趣味になります!

ぜひ大人もそろばんを楽しみませんか?

近くにそろばん教室がある方は週一でも十分身に着けることが出来ます。

また近くにそろばん教室がない方はオンライン学習という手もあります。

いくつかオンラインそろばん教室はあります。

気になった教室はまずは無料体験してみてはいかがでしょうか?

実際に体験してみるとまた考えの幅も広がります。

おすすめオンラインそろばん教室はコチラです。↓

いしど式オンライン」はズームを使ってご自宅に居ながら先生からの指導が受けられます。

よみかきそろばんくらぶ」はそろばんだけでなく、読み書きや算数もオンラインで学べる教室です。

あおぞらパス」は先生とのやり取りはなく、動画を見ながら自分のペースで学習を行うことが出来ます。

最後に私が現在使っているそろばんと本を紹介します。↓

現在私はこの本を使ってそろばんを勉強しています。

とても分かりやすくて面白いですよ!

https://amzn.to/3HmmNBg

これが私が現在使っているそろばんです。

はじめは安くてもいいかなと思いこれをAmazonで購入してみました。

プラスチックなので軽いですが、問題なく使えます。

これが子供が使っているそろばんです。

我が家では現在親子でそろばんができるようにまずは私がそろばんを楽しむところから始めています。

そろばんは普段使っていない頭を使っているような感覚も得られ楽しいですよ!?

親子でのそろばんの楽しみ方に関してはコチラの記事をご覧ください!↓

今回の記事は以上です。

そろばんに興味がある方は、ぜひ挑戦してみてください。

 そろばんを習うことで、お子さんの学力や受験に良い影響を与えることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました