そろばんを週一で習う効果はある?メリットとデメリットを徹底解説

STEAM教育

そろばんは、計算力や集中力、忍耐力などを鍛えることができる素晴らしい教材ですが、習う方法によっては、その効果が十分に発揮されないこともあります。

そこで、この記事では、そろばんを週1回習う場合のメリットとデメリット、そしてコツについて紹介しします。

週1回習うというのは、一見すると、時間や費用の面で効率的なように思えますが、実は、そうとも言えないことがあります。

そうならないためには、どうすればいいのでしょうか?

この記事を読み進めていただくと、そろばんを週1回習う場合に知っておきたいことがわかります。

そろばんを週1回習うことを検討している方、興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

そろばんを週1回習うメリットとは?

そろばんは計算力や集中力、忍耐力などを鍛える効果がある

そろばんは計算力や集中力、忍耐力などを鍛える効果があると言われていますが、本当にそうなのでしょうか?

そろばんを週1回習うだけでも、これらの能力が向上するのでしょうか?

この記事では、そろばんのメリットについて、科学的な根拠と実際の事例をもとに解説します。

まず、そろばんは計算力を鍛える効果があります。

そろばんを使って計算するときには、暗算と同じように、頭の中で数字をイメージしながら操作します。

これにより、脳の前頭葉が活性化され、記憶力や判断力、論理的思考力などが高まります。

実際に、そろばんを習っている子どもたちは、そろばんを習っていない子どもたちよりも、算数の成績が高いことが多いです 。

次に、そろばんは集中力を鍛える効果があります。

そろばんを使って計算するときには、細かい動作や数字に注意を向けなければなりません。

これにより、脳の側頭葉が活性化され、注意力や集中力、視覚的処理能力などが高まります。

実際に、そろばんを習っている子どもたちは、そろばんを習っていない子どもたちよりも、学習に対する集中力が高いことが多いです 。

最後に、そろばんは忍耐力を鍛える効果があります。

そろばんを使って計算するときには、繰り返しの練習や反復の確認が必要です。

これにより、脳の前頭前野が活性化され、自制力や忍耐力、目標達成能力などが高まります。

実際に、そろばんを習っている子どもたちは、そろばんを習っていない子どもたちよりも、困難に対する耐性が高いことが多いです 。

以上のように、そろばんは計算力や集中力、忍耐力などを鍛える効果があることが分かります。

週1回でも継続的に練習すれば、これらの能力が向上する可能性があります。

もちろん、個人差や練習方法によって効果は異なりますが、そろばんを習うことは、子どもの成長にとってとても有益といえます。

週1回でも継続的に練習すれば効果が出ることが多い

そろばんを週1回習うだけでも、効果が出ることが多いというのは本当でしょうか?

そろばんの効果は、練習の頻度や時間によって大きく異なります。

ここでは、そろばんを週1回習う場合の効果について、研究や実例をもとに解説します。

そろばんを週1回習う場合の効果は、練習の質や量によって異なりますが、
一般的には、継続的に練習すれば、計算力や集中力、忍耐力などが向上する可能性があります。

これは、そろばんを習うことで、脳の様々な部位が刺激され、神経回路が強化されるからです。

例えば、そろばんを使って計算するときには、脳の前頭葉が活性化され、記憶力や判断力、論理的思考力などが高まります。

また、そろばんを使って計算するときには、脳の側頭葉が活性化され、注意力や集中力、視覚的処理能力などが高まります。

さらに、そろばんを使って計算するときには、脳の前頭前野が活性化され、自制力や忍耐力、目標達成能力などが高まります。

これらの脳の機能は、学業や生活において重要な役割を果たします。

しかし、そろばんを週1回習うだけでは、効果が出るとは限りません。

効果を出すためには、自宅での独自練習や宿題をしっかりやることが必要です。

自宅での独自練習や宿題は、授業で学んだことを復習したり、新しいことを予習したりする機会になります。

自宅での独自練習や宿題をやることで、そろばんの操作に慣れたり、計算のスピードや正確さを向上させたりすることができます。

逆に自宅での独自練習や宿題をやらないと、そろばんの効果は半減してしまう可能性があります。

そろばんを週1回習う場合は、自宅での独自練習や宿題をやることを心がけましょう。

週1回の場合は自分のペースで学ぶことが出来る

そろばんの効果は、授業だけでは十分に発揮されないできません。

そろばんを週1回習う場合は、自宅での独自練習や宿題が重要です。

そろばんを週1回習う場合に自宅での独自練習や宿題が重要なのは、以下の理由があります。

  • 自宅での独自練習や宿題は、授業で学んだことを定着させるために必要です。
    そろばんは、習ったことを忘れないように、頻繁に復習することが必要です。
    週1回だと、前回の授業から1週間も間が空いてしまうので、忘れてしまう可能性が高くなります。
    自宅での独自練習や宿題をやることで、そろばんの操作に慣れたり、計算のスピードや正確さを向上させたりすることができます。
  • 自宅での独自練習や宿題は、授業で学ぶことに備えるために必要です。
    そろばんは、基本的な操作から応用的な計算まで、多くのことを学ぶ必要があります。
    週1回だと、教える時間が不十分で、進度が遅くなることがあるかもしれません。
    自宅での独自練習や宿題をやることで、新しいことを予習したり、疑問点を解決したりすることができます。
  • 自宅での独自練習や宿題は、自分のペースで学ぶことができるというメリットがあります。
    そろばんは、個人差や習熟度によって、学ぶ速度や難易度が異なります。
    週1回だと、授業のペースに合わせなければならないので、ついていけなかったり、物足りなかったりすることがあるかもしれません。
    自宅での独自練習や宿題をやることで、自分のレベルに合わせて、学ぶことができます。

週1回のコースは料金が安く、他の習い事との両立もしやすい

そろばんを週1回習う場合のメリットのもう一つは、週1回のコースは料金が安く、他の習い事との両立もしやすいということです。

そろばんを習うには、教室に通う必要がありますが、教室に通うには、時間やお金、交通手段などの問題があります。

そこで、週1回のコースは、これらの問題を解決するのに役立ちます。

週1回のコースは、料金が安いというメリットがあります。

そろばんの教室は、月謝制や回数券制などの料金体系がありますが、一般的には、週に何回通うかによって、料金が変わります。

週に多く通うほど、料金が高くなります。

逆に、週に少なく通うほど、料金が安くなります。

週1回のコースは、週に最も少なく通うコースなので、料金が最も安いコースです。

料金が安いということは、家計に優しいということです。

家計に優しいということは、他の習い事や教育費にも余裕ができるということです。

週1回のコースは、他の習い事との両立がしやすいというメリットがあります。

そろばんの教室は、平日や土曜日などの様々な曜日や時間帯に授業がありますが、一般的には、週に何回通うかによって、授業の曜日や時間帯が決まります。

週に多く通うほど、授業の曜日や時間帯が限られます。

逆に、週に少なく通うほど、授業の曜日や時間帯が選びやすくなります。

週1回のコースは、週に最も少なく通うコースなので、授業の曜日や時間帯が最も選びやすいコースです。

授業の曜日や時間帯が選びやすいということは、他の習い事や学校の予定との調整がしやすいということです。

他の習い事や学校の予定との調整がしやすいということは、子どもにとって他の学びや遊びをする機会を増やすことが出来ます。

以上のように、そろばんを週1回習う場合は、週1回のコースは料金が安く、他の習い事との両立もしやすいというメリットがあります。

そろばんを週1回習うデメリットとは?

週1回だと前回の内容を忘れてしまうことがある

そろばんを週1回習う場合のデメリットの一つは、週1回だと前回の内容を忘れてしまうことがあるということです。

そろばんを習うときには、前回の授業で学んだことを思い出して、その上に新しいことを積み重ねていく必要があります。

しかし、週1回だと、前回の授業から1週間も間が空いてしまうので、前回の内容を忘れてしまう可能性が高くなります。

前回の内容を忘れてしまうと、新しいことを学ぶのに時間がかかったり、理解が浅くなったり、ミスが多くなったりすることがあります。

前回の内容を忘れてしまうことを防ぐには、どうすればいいのでしょうか?

以下の3つの方法がおすすめです。

  1. 授業のノートをとることです。
    授業のノートは、授業で学んだことを記録するためのものです。
    授業のノートをとることで、授業の内容を整理したり、疑問点をメモしたり、重要なポイントを強調したりすることができます。
    また授業のノートをとることで、授業の内容を記憶に定着させたり、復習や予習に役立てたりすることができます。
  2. 授業の後に復習することです。
    授業の後に復習することは、授業で学んだことを確認するためのものです。
    授業の後に復習することで、授業で学んだことを思い出したり、理解を深めたり、ミスを修正したりすることができます。
    授業の後に復習することで、授業で学んだことを忘れないようにしたり、次の授業に備えたりすることができます。
  3. 自宅での独自練習や宿題をやることです。
    自宅での独自練習や宿題は、授業で学んだことを定着させるためのものです。
    自宅での独自練習や宿題をやることで、そろばんの操作に慣れたり、計算のスピードや正確さを向上させたりすることができます。
    自宅での独自練習や宿題をやることで、授業で学んだことを忘れないようにしたり、新しいことを予習したりすることができます。

以上のように、そろばんを週1回習う場合は、週1回だと前回の内容を忘れてしまうことがあるというデメリットがあります。

前回の内容を忘れてしまうことを防ぐには、授業のノートをとること、授業の後に復習すること、自宅での独自練習や宿題をやることがおすすめです。

これらの方法を実践すれば、そろばんの学習効果を高めることができます。

週1回だと教わる時間が不十分で、進度が遅くなることがある

そろばんを週1回習う場合のデメリットの一つは、週1回だと教わる時間が不十分で、進度が遅くなることがあるということです。

そろばんを習うときには、基本的な操作から応用的な計算まで、多くのことを学ぶ必要があります。

しかし、週1回だと、教わる時間が限られてしまうので、一度に学べることが少なくなります。

週1回で教わる時間が不十分で進度が遅くなると、どのような問題が生じるのでしょうか?

以下の3つの問題が考えられます。

  1. 学習のモチベーションが低下することです。
    学習のモチベーションは、学習の目標や成果によって左右されます。
    学習の目標や成果が明確で、達成感や自信が得られると、学習のモチベーションが高まります。
    逆に、学習の目標や成果が曖昧で、達成感や自信が得られないと、学習のモチベーションが低下します。
    週1回だと、教える時間が不十分で、進度が遅くなることがあると、学習の目標や成果が曖昧になり、達成感や自信が得られないことがあります。
    学習のモチベーションが低下すると、学習の効果や継続性も低下することがあります。
  2. 学習の難易度が上がることです。
    学習の難易度は、学習の内容や量によって変わります。
    学習の内容や量が適切で、自分のレベルに合っていると、学習の難易度は適切なものになります。
    適切な学習の難易度は、学習の興味や挑戦心を高めます。
    逆に、学習の内容や量が不適切で、自分のレベルに合わないと、学習の難易度は難しくなります。
    学習の難易度が難しくなると、学習の苦痛や挫折感を味わいやすくなります。
    またそれにより学習の効果や継続性も低下することがあります。
  3. 学習の成果が出にくくなることです。
    学習の成果は、学習の評価や実践によって測られます。
    学習の評価や実践は、学習の内容や量を確認したり、応用したりするためのものです。
    学習の評価や実践を行うことで、学習の成果が出たかどうかを判断することができます。
    週1回だと、教わる時間が不十分で、進度が遅くなることになり、学習の評価や実践を行う機会が減ることがあります。
    それにより学習の成果が出にくくなることがあります。

以上のように、そろばんを週1回習う場合は、週1回だと教える時間が不十分で、進度が遅くなることがあるというデメリットがあります。

週1回だと教える時間が不十分で、進度が遅くなることがあると、学習のモチベーションが低下したり、学習の難易度が上がったり、学習の成果が出にくくなったりすることにもつながります。

週1回だと宿題が多くなり、負担が大きくなることがある

そろばんを週1回習う場合のデメリットの一つは、週1回だと宿題が多くなり、負担が大きくなることがあるということです。

そろばんを習うときには、授業で学んだことを定着させるために、自宅での独自練習や宿題をやることが必要です。

しかし、週1回だと、授業で学ぶことが多く、自宅での独自練習や宿題も多くなります。

週1回だと宿題が多くなり、負担が大きくなることがあると、どのような問題が生じるのでしょうか?

以下の3つの問題が考えられます。

  1. 学習のストレスが増えることです。
    学習のストレスは、学習の負担や期待によって引き起こされます。
    学習の負担や期待が高いと、学習のストレスも高くなります。
    週1回だと、宿題が多くなり、負担が大きくなることがあると、学習のストレスも増えることがあります。
    学習のストレスが増えると、学習の効果や継続性が低下することがあります。
  2. 学習のバランスが崩れることです。
    学習のバランスは、学習の内容や時間、方法などの配分によって決まります。
    学習の内容や時間、方法が適切で、自分のニーズに合っていると、学習のバランスは良好になります。
    逆に、学習の内容や時間、方法が不適切で、自分のニーズに合わないと、学習のバランスは悪化します。
    週1回だと、宿題が多くなり、負担が大きくなることがあると、学習のバランスが崩れることがあります。
    学習のバランスが崩れると、学習の効果や継続性が低下することがあります。
  3. 学習の楽しさが失われることです。
    学習の楽しさは、学習の興味ややりがいによって生まれます。
    学習の興味ややりがいが高いと、学習の楽しさも高まります。
    逆に、学習の興味ややりがいが低いと、学習の楽しさも低下します。
    週1回だと、宿題が多くなり、負担が大きくなることがあると、学習の興味ややりがいが低くなることがあります。
    学習の楽しさが失われると、学習の効果や継続性が低下することがあります。

以上のように、そろばんを週1回習う場合は、週1回だと宿題が多くなり、負担が大きくなることがあるというデメリットがあります。

週1回だと宿題が多くなり、負担が大きくなることがあると、学習のストレスが増えたり、学習のバランスが崩れたり、学習の楽しさが失われたりすることがあります。

週1回だと履歴書に書ける級位に到達するのが難しいことがある

そろばんを週1回習う場合のデメリットの一つは、週1回だと履歴書に書ける級位に到達するのが難しいことがあるということです。

そろばんを習うときには、級位や段位というレベルがあります。

級位や段位は、そろばんの技能や知識を評価するためのものです。級位や段位を取得するには、試験を受ける必要があります。

試験は、一定の期間ごとに開催されます。試験に合格するには、一定の基準を満たす必要があります。

試験に合格すると、証書やバッジなどの資格証が発行されます。

級位や段位は、履歴書に書くことができます。

履歴書に書くことで、自分のそろばんの能力や経験をアピールすることができます。

しかし、週1回だと、履歴書に書ける級位や段位に到達するのが難しいことがあります。

週1回だと、履歴書に書ける級位や段位に到達するのが難しいことがあると、どのような問題が生じるのでしょうか?

以下の3つの問題が考えられます。

  1. 学習の目標が曖昧になることです。
    学習の目標は、学習の方向性や意義を示すためのものです。
    学習の目標が明確で、達成可能で、具体的であると、学習の方向性や意義がはっきりします。
    逆に、学習の目標が曖昧で、達成困難で、抽象的であると、学習の方向性や意義がぼやけます。
    週1回だと、履歴書に書ける級位や段位に到達するのが難しいことがあると、学習の目標が曖昧になることがあります。
    学習の目標が曖昧になると、学習のモチベーションや効果が低下することがあります。
  2. 学習の成果が認められにくくなることです。
    学習の成果は、学習の評価や実践によって認められます。
    学習の評価や実践は、学習の内容や量を確認したり、応用したりするためのものです。
    学習の評価や実践を行うことで、学習の成果が認められることができます。
    週1回だと、履歴書に書ける級位や段位に到達するのが難しいことがあると、学習の成果が認められにくくなることがあります。
    学習の成果が認められにくくなると、学習の自信や満足感が低下することがあります。
  3. 学習の競争力が低下することです。
    学習の競争力は、学習のレベルや実力を比較するためのものです。
    学習のレベルや実力が高いと、学習の競争力も高くなります。
    逆に、学習のレベルや実力が低いと、学習の競争力も低くなります。
    週1回だと、履歴書に書ける級位や段位に到達するのが難しいことがあると、学習の競争力が低下することがあります。
    学習の競争力が低下すると、学習のチャンスや可能性が減ることがあります。

以上のように、そろばんを週1回習う場合は、週1回だと履歴書に書ける級位や段位に到達するのが難しいことがあるというデメリットがあります。
週1回だと履歴書に書ける級位や段位に到達するのが難しいことがあると、学習の目標が曖昧になったり、学習の成果が認められにくくなったり、学習の競争力が低下したりすることがあります。

これらの問題を解決するには、どうすればいいのでしょうか?
次の章で、そろばんを週1回習う場合のコツについて紹介します。

そろばんを週1回習うコツとは?

週1回でも効果を出すためには、自宅での独自練習や宿題をしっかりやることが必要

そろばんを週1回習う場合のコツの一つは、週1回でも効果を出すためには、自宅での独自練習や宿題をしっかりやることが必要ということです。

自宅での独自練習や宿題は、授業で学んだことを定着させるためのものです。

自宅での独自練習や宿題をやることで、そろばんの操作に慣れたり、計算のスピードや正確さを向上させたりすることができます。

自宅での独自練習や宿題をやることで、授業で学んだことを忘れないようにしたり、新しいことを予習したりすることができます。

自宅での独自練習や宿題をやることのメリットは、以下のようにまとめられます。

  • 授業で学んだことを定着させることができる
  • そろばんの操作に慣れることができる
  • 計算のスピードや正確さを向上させることができる
  • 授業で学んだことを忘れないようにすることができる
  • 新しいことを予習することができる

自宅での独自練習や宿題をやることの方法は、以下のようになります。

  • 毎日少しずつやることです。
    毎日やることで、そろばんの操作に慣れたり、計算のスピードや正確さを向上させたりすることができます。
    毎日やることで、授業の内容を忘れないようにしたり、次の授業に備えたりすることができます。毎日やることで、自分のペースで学ぶことができます。
  • 教材やノートを活用することです。
    教材やノートは、授業で学んだことを確認したり、復習したりするための資料です。
    教材やノートを見ながら、そろばんの操作を練習したり、計算の問題を解いたりすることができます。
    教材やノートを活用することで、授業で学んだことを定着させたり、新しいことを予習したりすることができます。
  • 目標や計画を立てることです。
    目標や計画は、練習の方向性や進捗を明確にするためのものです。
    目標や計画を立てることで、練習の内容や時間、難易度などを決めることができます。
    目標や計画を立てることで、練習のモチベーションや効率を高めることができます。

以上のように、そろばんを週1回習う場合は、週1回でも効果を出すためには、自宅での独自練習や宿題をしっかりやることが必要ということです。

自宅での独自練習や宿題をやることで、そろばんの効果を最大限に引き出すことができます。

自宅での独自練習や宿題をやることには、努力や工夫が必要ですが、そろばんを習うことに対するやる気や楽しさも高まります。

そろばんを週1回習う場合は、自宅での独自練習や宿題をやることを心がけましょう。

週1回でも効果を出すためには、授業に集中して、講師のアドバイスを聞くことが必要

そろばんを週1回習う場合のコツの一つは、週1回でも効果を出すためには、授業に集中して、講師のアドバイスを聞くことが必要ということです。

授業に集中して、講師のアドバイスを聞くことは、そろばんの技能や知識を向上させるためのものです。

授業に集中して、講師のアドバイスを聞くことで、そろばんの操作を正しく覚えたり、計算のコツやポイントを理解したりすることができます。

授業に集中して、講師のアドバイスを聞くことで、授業で学んだことを定着させたり、新しいことを学ぶ準備をしたりすることができます。

授業に集中して、講師のアドバイスを聞くことのメリットは、以下のようにまとめられます。

  • そろばんの操作を正しく覚えることができる
  • 計算のコツやポイントを理解することができる
  • 授業で学んだことを定着させることができる
  • 新しいことを学ぶ準備をすることができる

授業に集中して、講師のアドバイスを聞くことの方法は、以下のようになります。

  • 授業の前に予習することです。
    予習は、授業で学ぶことを事前に確認するためのものです。
    予習をすることで、授業で学ぶ内容や目的を把握することができます。
    予習をすることで、授業に対する興味や関心を高めることができます。
  • 授業中に質問することです
    質問は、授業でわからないことや疑問に思ったことを解決するためのものです。
    質問をすることで、授業で学んだことを確認したり、深めたりすることができます。
    質問をすることで、講師とのコミュニケーションを図ることができます。
  • 授業の後に復習することです。
    復習は、授業で学んだことを再確認するためのものです。
    復習をすることで、授業で学んだことを思い出したり、理解を深めたりすることができます。
    復習をすることで、次の授業に備えることができます。

以上のように、そろばんを週1回習う場合は、週1回でも効果を出すためには、授業に集中して、講師のアドバイスを聞くことが必要ということです。

授業に集中して、講師のアドバイスを聞くことで、そろばんの効果を最大限に引き出すことができます。

授業に集中して、講師のアドバイスを聞くことには、注意や努力が必要ですが、そろばんを習うことに対する楽しさややりがいも高まります。

そろばんを週1回習う場合は、授業に集中して、講師のアドバイスを聞くことを心がけましょう。

週1回でも効果を出すためには、欠席を減らして、振替を利用することが必要

そろばんを週1回習う場合のコツの一つは、週1回でも効果を出すためには、欠席を減らして、振替を利用することが必要ということです。

欠席を減らして、振替を利用することは、そろばんの学習の継続性や進度を保つためのものです。

欠席を減らして、振替を利用することで、そろばんの授業を定期的に受けたり、途切れたりしないようにすることができます。

欠席を減らして、振替を利用することで、授業で学んだことを忘れないようにしたり、新しいことを学ぶ準備をしたりすることができます。

欠席を減らして、振替を利用することのメリットは、以下のようにまとめられます。

  • そろばんの授業を定期的に受けることができる
  • そろばんの授業を途切れたりしないようにすることができる
  • 授業で学んだことを忘れないようにすることができる
  • 新しいことを学ぶ準備をすることができる

欠席を減らして、振替を利用することの方法は、以下のようになります。

  1. 欠席の理由や予定を事前に確認することです。
    欠席の理由や予定を事前に確認することで、欠席の回数や期間を把握することができます。
    欠席の回数や期間を把握することで、欠席の影響や対策を考えることができます。
  2. 欠席の連絡や申請を早めにすることです。
    欠席の連絡や申請を早めにすることで、講師や教室の対応をスムーズにすることができます。
    講師や教室の対応をスムーズにすることで、振替の日程や条件を確認することができます。
  3. 振替の日程や条件を調整することです。
    振替の日程や条件を調整することで、自分の都合やレベルに合った授業を選ぶことができます。
    自分の都合やレベルに合った授業を選ぶことで、振替の効果や満足度を高めることができます。

以上のように、そろばんを週1回習う場合は、週1回でも効果を出すためには、欠席を減らして、振替を利用することが必要ということです。
欠席を減らして、振替を利用することで、そろばんの学習の継続性や進度を保つことができます。
欠席を減らして、振替を利用することには、計画や協力が必要ですが、そろばんを習うことに対する意欲や成果も高まります。
そろばんを週1回習う場合は、欠席を減らして、振替を利用することを心がけましょう。

週1回でも効果を出すためには、1日で2コマ連続受講するという方法もある

そろばんを週1回習う場合のコツの一つは、週1回でも効果を出すためには、1日で2コマ連続受講するという方法もあるということです。

1日で2コマ連続受講するという方法は、そろばんの学習の時間や集中力を増やすためのものです。

1日で2コマ連続受講するという方法で、そろばんの授業を2時間連続で受けたり、2つのレベルの授業を同時に受けたりすることができます。

1日で2コマ連続受講するという方法で、そろばんの操作を繰り返したり、計算の応用力を高めたりすることができます。

1日で2コマ連続受講するという方法のメリットは、以下のようにまとめられます。

  • そろばんの学習の時間を増やすことができる
  • そろばんの学習の集中力を高めることができる
  • そろばんの操作を繰り返すことができる
  • 計算の応用力を高めることができる

1日で2コマ連続受講するという方法の方法は、以下のようになります。

  1. 教室や講師に相談することです。
    教室や講師に相談することで、2コマ連続受講することが可能かどうかを確認することができます。
    教室や講師に相談することで、2コマ連続受講する場合の料金や条件を知ることができます。
  2. 自分のレベルや目的に合わせて選ぶことです。
    自分のレベルや目的に合わせて選ぶことで、2コマ連続受講することが効果的かどうかを判断することができます。
    自分のレベルや目的に合わせて選ぶことで、2コマ連続受講する場合の内容や難易度を決めることができます。
  3. 体力や気力を保つことです。
    体力や気力を保つことで、2コマ連続受講することが負担にならないようにすることができます。
    体力や気力を保つことで、2コマ連続受講することが楽しくなるようにすることができます。

以上のように、そろばんを週1回習う場合は、週1回でも効果を出すためには、1日で2コマ連続受講するという方法もあるということです。
1日で2コマ連続受講するという方法で、そろばんの学習の時間や集中力を増やすことができます。
1日で2コマ連続受講するという方法には、相談や選択、準備が必要ですが、そろばんを習うことに対する成長や達成感も高まります。
そろばんを週1回習う場合は、1日で2コマ連続受講するという方法も試してみましょう。

まとめ:そろばんを週一習う効果はある?

このブログでは、そろばんを週1回習う場合のメリットとデメリット、そしてコツについて紹介しました。

そろばんを週1回習う場合は、以下のことを覚えておきましょう。

  • メリットとしては、そろばんは計算力や集中力、忍耐力などを鍛える効果があります。
    週1回でも継続的に練習すれば効果が出ることが多いです。
    週1回の場合は自宅での独自練習や宿題が重要です。
    週1回のコースは料金が安く、他の習い事との両立もしやすいです。
  • デメリットとしては、週1回だと前回の内容を忘れてしまうことがあったり、教わる時間が不十分で、進度が遅くなることがあったりします。
    週1回だと宿題が多くなり、負担が大きくなることがあったり、履歴書に書ける級位に到達するのが難しいことがあったりします。
  • コツとしては、週1回でも効果を出すためには、自宅での独自練習や宿題をしっかりやることが必要です。
    授業に集中して、講師のアドバイスを聞くことが必要です。
    欠席を減らして、振替を利用することが必要です。
    1日で2コマ連続受講するという方法もあるので、自分に合ったコースを見つけることができます。

以上のことを理解して、効果的な練習方法を選ぶことが大切です。

そろばんを週1回習う場合は、自宅での独自練習や宿題、振替などを活用して、進度を上げることができます。

そろばんを週1回習う場合は、1日で2コマ連続受講するという選択肢もあるので、自分に合ったコースを見つけることができます。

そろばんを週1回習うことで、計算力や集中力、忍耐力などを鍛えることができます。

そろばんを週1回習うことに興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

またそろばん教室に何日も通う時間的余裕がない方や、費用をあまりかけられない方は、オンライン学習を検討しても良いかもしれません。

オンラインなら子供の隙間時間にそろばんを学ぶことも可能です。

無料体験もできますので興味を持たれた方は体験だけもしてみても良いかもしれません。↓

いしど式オンライン」はズームを使ってご自宅に居ながら先生からの指導が受けられます。

よみかきそろばんくらぶ」はそろばんだけでなく、読み書きや算数もオンラインで学べる教室です。

あおぞらパス」は先生とのやり取りはなく、動画を見ながら自分のペースで学習を行うことが出来ます。

最後に私が現在使っているそろばんと本を紹介します。↓

¥1,045 (2024/03/17 06:03時点 | Amazon調べ)

現在私はこの本を使ってそろばんを勉強しています。

とても分かりやすくて面白いですよ!

これが私が現在使っているそろばんです。

はじめは安くてもいいかなと思いこれをAmazonで購入してみました。

プラスチックなので軽いですが、問題なく使えます。

¥1,760 (2024/03/17 14:02時点 | Amazon調べ)

これが子供が使っているそろばんです。

我が家では現在親子でそろばんができるようにまずは私がそろばんを楽しむところから始めています。

もう少し小さい頃からそろばんに親しむにはこちらがおススメです。↓

我が家では現在親子でそろばんができるようにまずは私がそろばんを楽しむところから始めています。

そろばんは普段使っていない頭を使っているような感覚も得られ楽しいですよ!?

親子でのそろばんの楽しみ方に関してはコチラの記事をご覧ください!↓

今回の記事は以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました