そろばんは中学受験に効果ある?始めるタイミングや教室選びについて

STEAM教育

そろばんって何となく頭良くなるイメージはあるけど実際どうなの?

  • 中学受験には有効?
  • いつからそろばんを習わせるべき?
  • そろばん教室はどう選べばいいの?

そのような疑問をお持ちの親御さんは必見です!

そろばんは、珠を動かして数を表す道具ですが、それだけではありません。

そろばんを習うことは、計算能力や思考力などの能力を高めることにもつながります。

特に、中学受験を目指す子供にとって、そろばんは有効な教育になりえます。

そろばんを習うには、いくつか押さえるべきポイントがあります。

この記事ではこれらの疑問に答えていきます!

これを読めば、そろばんの魅力やメリットを知ることができます。

そろばんに興味のある方は、ぜひこの記事を読み進めてください。

そろばんと中学受験の関係は?

  そろばんを習うことで身につく計算能力が中学受験の算数に役立つ

そろばんを習うことで身につく計算能力が中学受験の算数に役立つというのは、どういうことでしょうか?

そろばんとは、珠を動かして数を表す道具です。

そろばんを使って計算するときには、珠の位置や数を頭の中でイメージしながら、指で素早く動かします。

そろばんを習うことで、以下のような計算能力が身につきます。

暗算力:そろばんを使って計算するときには、珠の位置や数を頭の中でイメージしながら、指で素早く動かします。

このようにそろばんを習うことで、暗算力が鍛えられます。

暗算力とは、紙や電卓などを使わずに、頭の中だけで計算する能力のことです。

暗算力が高いと、計算のスピードや正確さが向上します。

中学受験の算数では、暗算力が必要な問題が多く出題されます。

例えば、分数や小数の計算、比例や割合の計算、平方根や立方根の計算などです。

暗算力が高いと、これらの問題を素早く解くことができます。

また、暗算力が高いと、計算の途中で間違える可能性も減ります。

記憶力:そろばんを使って計算するときには、計算の途中結果や答えを記憶しながら、次の計算に移ります。

このようにしてそろばんを習うことで、記憶力が鍛えられます。

記憶力とは、情報を覚えたり、思い出したりする能力のことです。

記憶力が高いと、計算の過程や答えを忘れることが少なくなります。

中学受験の算数では、記憶力が必要な問題が多く出題されます。

例えば、連立方程式や不等式の計算、図形の性質や公式の利用、数列や確率の計算などです。

記憶力が高いと、これらの問題を正確に解くことができます。

論理力:そろばんを使って計算するときには、計算の手順やルールを理解しながら、筋道立てて進めます。

このようにしてそろばんを習うことで、論理力が鍛えられます。

論理力とは、物事の因果関係や法則性を把握したり、推論したりする能力のことです。

論理力が高いと、計算の意味や目的を明確にすることができます。

中学受験の算数では、論理力が必要な問題が多く出題されます。

例えば、文章題や図形問題の設定や条件、解法や答えの根拠や説明などです。

論理力が高いと、これらの問題を理解しやすくなります。

以上のように、そろばんを習うことで身につく計算能力が中学受験の算数に役立つことがわかります。

そろばんを習うことは、単に計算の道具としてではなく、計算の能力を高めるトレーニングとしても有効なのです。

そろばんを習っている子供は、中学受験の算数に自信を持って挑むことができるようになります。

そろばんを習うことで養われる集中力や忍耐力が受験勉強に必要な力になる

そろばんを習うことで養われる集中力や忍耐力が受験勉強に必要な力になるというのは、どういうことでしょうか?

そろばんを習うことで、以下のような集中力や忍耐力が身につきます。

集中力:そろばんを使って計算するときには、珠の動きや音に注意を向けながら、他のことに気を散らさないようにします。

このようにしてそろばんを習うことで、集中力が鍛えられます。

集中力とは、一つのことに集中して取り組む能力のことです。

集中力が高いと、計算のミスや忘れを防ぐことができます。

中学受験の勉強では、集中力が必要なことが多くあります。

例えば、長時間の勉強や試験、難解な問題や文章などです。

集中力が高いと、これらのことに対して効率的に取り組むことができます。

また、集中力が高いと、勉強に対する興味ややる気も高まります。

忍耐力:そろばんを使って計算するときには、難しい計算や間違いに直面しても、あきらめずに続けることが求められます。

このようにしてそろばんを習うことで、忍耐力が鍛えられます。

忍耐力とは、困難や苦痛に耐えて目標に向かって努力する能力のことです。

忍耐力が高いと、計算のスキルや知識を向上させることができます。

中学受験の勉強では、忍耐力が必要なことが多くあります。

例えば、反復練習や復習、自己管理や計画立てなどです。

忍耐力が高いと、これらのことに対して継続的に取り組むことができます。

また、忍耐力が高いと、勉強に対する自信や成果も得られます。

以上のように、そろばんを習うことで養われる集中力や忍耐力が中学受験の勉強に必要な力になることがわかります。

そろばんを習うことは、単に計算の道具としてではなく、勉強の姿勢や心構えを養うトレーニングとしても有効です。

そろばんを習っている子供は、中学受験の勉強に集中しやすく、忍耐強くなります。

そろばんを習うことで活性化される右脳が思考力や創造力を高める

そろばんを習うことで活性化される右脳が思考力や創造力を高めるというのは、どういうことでしょうか?

そろばんを使って計算するときには、珠の形や色、動きや音などの視覚的・聴覚的な情報を処理します。

このようにしてそろばんを習うことで、右脳が活性化されます。

右脳とは、空間認識や直感、感性などを司る脳の部分のことです。

右脳が活性化されると、思考力や創造力が高まります。

思考力とは、物事の本質や関係性を見抜いたり、論理的に考えたりする能力のことです。

創造力とは、新しいアイデアや解決策を生み出したり、表現したりする能力のことです。

中学受験の勉強では、右脳が活性化されると、以下のようなメリットがあります。

思考力の向上:右脳が活性化されると、思考力が向上します。

思考力が高いと、中学受験の勉強において、以下のようなことができます。

  • 算数や理科などの複雑な問題を解くことができます。
    例えば、図形の変形や回転、比例や割合の応用、物理や化学の実験などです。
  • 国語や社会などの文章を読解することができます。
    例えば、文法や語彙の理解、文章の構成や主旨の把握、文章の推論や要約などです。
  • 英語や漢字などの記憶することができます。
    例えば、単語や熟語の意味や発音、漢字の読みや書き、文法や構文の規則などです。

創造力の向上:右脳が活性化されると、創造力が向上します。
創造力が高いと、中学受験の勉強において、以下のようなことができます。

  • 算数や理科などの問題を発見することができます。
    例えば、日常生活や自然現象から問題を見つけたり、自分で問題を作ったりすることです。
  • 国語や社会などの文章を作成することができます。
    例えば、自分の意見や感想を述べたり、物語や詩を書いたりすることです。
  • 英語や漢字などの記憶を楽しくすることができます。
    例えば、単語や熟語を絵や歌にしたり、漢字を絵や物語にしたりすることです。

以上のように、そろばんを習うことで活性化される右脳が思考力や創造力を高めることがわかります。

そろばんを習うことは、単に計算の道具としてではなく、脳の機能を活かすトレーニングとしても有効なのです。

そろばんを習っている子供は、中学受験の勉強において、思考力や創造力を発揮できるようになるでしょう!

そろばんを習い始めるタイミング

   幼児期から始めるメリットとは

幼児期からそろばんを習い始めるメリットとは、どういうことでしょうか?

幼児期からそろばんを習い始めることで、以下のようなメリットがあります。

  • 数字に対する抵抗感や苦手意識がなくなる
    幼児期は、数字に対する感覚や概念が形成される重要な時期です。
    そろばんを習うことで、数字を視覚的に認識しやすくなります。
    また、そろばんを使って計算することで、数字の意味や関係性を理解しやすくなります。
    このようにして、幼児期からそろばんを習い始めることで、数字に対する抵抗感や苦手意識がなくなります。
    数字に対する抵抗感や苦手意識がないと、算数や数学に対する興味や好奇心が高まります。
    中学受験の勉強では、数字に対する抵抗感や苦手意識がないと、算数の問題に挑戦しやすくなります。
  • 算数の基礎力を養うことができる
    幼児期は、算数の基礎となる四則計算や暗算、位取りや桁数などのスキルを身につける重要な時期です。
    そろばんを習うことで、これらのスキルを効率的に習得することができます。
    そろばんを使って計算することで、計算のスピードや正確さが向上します。
    また、そろばんを使って計算することで、計算の手順やルールを理解しやすくなります。
    このようにして、幼児期からそろばんを習い始めることで、算数の基礎力を養うことができます。
    算数の基礎力が高いと、算数の知識や応用力も高まります。
    中学受験の勉強では、算数の基礎力が高いと、算数の問題を解きやすくなります。

以上のように、幼児期からそろばんを習い始めるメリットがわかります。

そろばんを習うことは、単に計算の道具としてではなく、数字の感覚や算数の基礎を身につける教育としても有効なのです。

幼児期からそろばんを習っている子供は、中学受験の算数に対して、抵抗感や苦手意識がなく、基礎力が高くなります。

小学生高学年から始めるメリットとは

小学生高学年からそろばんを習い始めるメリットとは、どういうことでしょうか?

小学生高学年からそろばんを習い始めることで、以下のようなメリットがあります。

  • 算数の知識をベースにしてそろばんを学ぶことができる
    小学生高学年は、算数の知識が豊富になる時期です。
    そろばんを習うことで、これらの知識をベースにして、そろばんの計算方法や技術を学ぶことができます。
    そろばんを使って計算することで、算数の知識を深めることができます。
    例えば、小学校で習う分数や小数、比例や割合、平方根や立方根などの計算を、そろばんで行うことができます。
    このようにして、小学生高学年からそろばんを習い始めることで、算数の知識をベースにしてそろばんを学ぶことができます。
    算数の知識をベースにしてそろばんを学ぶことは、算数の理解力や応用力を高めることにつながります。
    中学受験の勉強では、算数の理解力や応用力が高いと、算数の問題を解くのに有利になります。
  • 中学受験でさらなる学力向上を目指すことができる
    小学生高学年は、中学受験に向けて学力を向上させる時期です。
    そろばんを習うことで、中学受験で必要な計算能力や思考力を養うことができます。
    そろばんを使って計算することで、計算のスピードや正確さを向上させることができます。
    また、そろばんを使って計算することで、物事の本質や関係性を見抜くことができます。
    このようにして、小学生高学年からそろばんを習い始めることで、中学受験でさらなる学力向上を目指すことができます。
    中学受験の勉強では、計算のスピードや正確さ、物事の本質や関係性を把握することが、算数だけでなく、理科や英語などの科目にも役立ちます。

以上のように、小学生高学年からそろばんを習い始めるメリットがわかりました。

そろばんを習うことは、単に計算の道具としてではなく、算数の知識や中学受験の学力を向上させる教育としても有効なのです。

小学生高学年からそろばんを習っている子供は、中学受験の算数に対して、知識や学力が高くなります。

そろばん教室の選び方

   子供の年齢や目的に合った教室を選ぶ

子供の年齢や目的に合ったそろばん教室を選ぶというのは、どういうことでしょうか?

そろばんを習うことで、計算能力や思考力などの能力を高めることができます。

しかし、そろばんを習うには、適切な教室を選ぶことが重要です。

子供の年齢や目的に合ったそろばん教室を選ぶことで、以下のようなメリットがあります。

  • 子供のニーズに応えることができる
    子供の年齢や目的に合ったそろばん教室を選ぶことで、子供のニーズに応えることができます。
    子供の年齢や目的によって、そろばんの習い方や進度、難易度などが異なります。
    例えば、幼児期の子供は、そろばんの基本的な使い方や数字の感覚を身につけることが目的です。
    小学生高学年の子供は、そろばんの計算方法や技術を習得することや、中学受験の準備をすることが目的です。
    このように、子供の年齢や目的に合ったそろばん教室を選ぶことで、子供のニーズに応えることができます。
    子供のニーズに応えることは、子供のやる気や成長につながります。
  • 子供のレベルに合わせることができる
    子供の年齢や目的に合ったそろばん教室を選ぶことで、子供のレベルに合わせることができます。
    子供のレベルによって、そろばんの習得度や理解度、習熟度などが異なります。
    例えば、そろばんを初めて習う子供は、そろばんの基礎から始める必要があります。
    そろばんを習い慣れた子供は、そろばんの応用や発展に挑戦する必要があります。
    このように、子供のレベルに合わせたそろばん教室を選ぶことで、子供のレベルに合わせることができます。
    子供のレベルに合わせることは、子供の学習効果や自信につながります。

以上のように、子供の年齢や目的に合ったそろばん教室を選ぶメリットがわかりました。
そろばんを習うことは、単に計算の道具としてではなく、子供の能力や目標を育む教育としても有効なのです。
子供の年齢や目的に合ったそろばん教室を選ぶことは、子供のそろばんの学習において、大切なことです。

教室の場所や授業数、費用などを考慮する

教室の場所や授業数、費用などを考慮するというのは、どういうことでしょうか?

そろばんを習うことで、計算能力や思考力などの能力を高めることができます。

しかし、そろばんを習うには、適切な教室を選ぶことが重要です。

教室の場所や授業数、費用などを考慮することで、以下のようなメリットがあります。

  • 通学の便利さや安全さを確保することができる
    教室の場所を考慮することで、通学の便利さや安全さを確保することができます。
    教室の場所は、自宅や学校から近いほうが、通学にかかる時間や費用を節約できます。
    また、交通機関や道路の状況によっては、通学に不便や危険が伴うこともあります。
    このように、教室の場所を考慮することで、通学の便利さや安全さを確保することができます。
    通学の便利さや安全さが確保されると、子供の通学意欲や安心感も高まります。
  • 学習のペースや効果を最適化することができる
    授業数を考慮することで、学習のペースや効果を最適化することができます。
    授業数は、そろばんの習得度や理解度、習熟度に影響します。
    授業数が多いほうが、そろばんの計算方法や技術を習得しやすくなります。
    しかし、授業数が多すぎると、子供の負担やストレスが増えることもあります。
    このように、授業数を考慮することで、学習のペースや効果を最適化することができます。
    学習のペースや効果が最適化されると、子供の学習成果や満足感も高まります。
  • 家計の負担やバランスを考えることができる
    費用を考慮することで、家計の負担やバランスを考えることができます。
    費用は、そろばん教室の入会金や月謝、教材費などが含まれます。費用が高いほうが、そろばん教室の質やサービスが高いとは限りません。
    しかし、費用が安すぎると、そろばん教室の環境や指導が悪いということもありえます。
    このように、費用を考慮することで、家計の負担やバランスを考えることができます。
    家計の負担やバランスが考えられると、親の安心感や納得感も高まります。

以上のように、教室の場所や授業数、費用などを考慮するメリットがわかりました。
そろばんを習うことは、単に計算の道具としてではなく、子供の能力や目標を育む教育としても有効なのです。
教室の場所や授業数、費用などを考慮することは、子供のそろばんの学習において、大切なことです。

教室の雰囲気や指導方法などを見学や体験で確認する

教室の雰囲気や指導方法などを見学や体験で確認するというのは、どういうことでしょうか?

教室の雰囲気や指導方法などを見学や体験で確認することで、以下のようなメリットがあります。

  • 教室の環境や設備をチェックすることができる
    教室の雰囲気や指導方法などを見学や体験で確認することで、教室の環境や設備をチェックすることができます。
    教室の環境や設備は、そろばんの学習に影響します。
    教室の環境や設備が良いと、子供の学習意欲や集中力が高まります。
    例えば、教室の広さや明るさ、清潔さや静かさなどが重要です。
    また、教室の設備として、そろばんの種類や数、教材やホワイトボードなどが重要です。
    このように、教室の環境や設備をチェックすることで、子供の学習環境に適した教室を選ぶことができます。
  • 教室の雰囲気や指導方法に慣れることができる
    教室の雰囲気や指導方法などを見学や体験で確認することで、教室の雰囲気や指導方法に慣れることができます。
    教室の雰囲気や指導方法は、子供の学習姿勢や感情に影響します。
    教室の雰囲気や指導方法に慣れると、子供の学習安心感や楽しさが高まります。
    例えば、教室の雰囲気として、先生や生徒の人数や関係性、教室のルールやマナーなどが重要です。
    また、指導方法として、先生の教え方や声かけ、生徒の進度やレベルに合わせた指導などが重要です。
    このように、教室の雰囲気や指導方法に慣れることで、子供の学習姿勢や感情に適した教室を選ぶことができます。

以上のように、教室の雰囲気や指導方法などを見学や体験で確認するメリットがわかりました。
そろばんを習うことは、単に計算の道具としてではなく、子供の能力や目標を育む教育としても有効なのです。
教室の雰囲気や指導方法などを見学や体験で確認することは、子供のそろばんの学習において、大切なことです。

まとめ ~そろばんは中学受験に効果ある?~

今回の記事では、そろばんと中学受験の関係についてまとめました。

  • そろばんを習うことで身につく計算能力が中学受験の算数に役立つ!
    そろばんを使って計算することで、計算のスピードや正確さを向上させることができます。
    また、そろばんを使って計算することで、数字の意味や関係性を理解しやすくなります。
    そろばんを習うことで、中学受験の算数の問題を解くのに必要な計算能力を養うことができます。
  • そろばんを習うことで養われる集中力や忍耐力が受験勉強に必要な力になります!
    そろばんを使って計算するときには、珠の動きや音に注意を向けながら、他のことに気を散らさないようにします。
    また、そろばんを使って計算するときには、難しい計算や間違いに直面しても、あきらめずに続けることが求められます。
    このようにして、そろばんを習うことで、集中力や忍耐力が鍛えられます。
    集中力や忍耐力は、長時間の勉強や試験、難解な問題や文章などに対処するのに必要な力です。
  • そろばんを習うことで活性化される右脳が思考力や創造力を高めることができます!
    そろばんを使って計算するときには、珠の形や色、動きや音などの視覚的・聴覚的な情報を処理します。
    右脳は、空間認識や直感、感性などを司る脳の部分です。
    右脳が活性化されると、思考力や創造力が高まります。
    思考力や創造力は、物事の本質や関係性を見抜いたり、新しいアイデアや解決策を生み出したりするのに必要な力です。

また、そろばんを習い始めるタイミングについては、幼児期からでも小学生からでも遅くないということです。
幼児期から始めると、数字に対する抵抗感や苦手意識がなくなり、算数の基礎力を養うことができます。
小学生高学年から始めると、算数の知識をベースにしてそろばんを学ぶことができ、中学受験でさらなる学力向上を目指すことができます。

さらに、そろばん教室の選び方については、子供の年齢や目的に合った教室を選ぶことが大切だということです。
教室の場所や授業数、費用などを考慮することで、通学の便利さや安全さ、学習のペースや効果、家計の負担やバランスなどを考えることができます。教室の雰囲気や指導方法などを見学や体験で確認することで、教室の環境や設備、教室の雰囲気や指導方法に慣れることができます。

以上が、この記事のまとめです。
そろばんを習うことは、中学受験において多くのメリットがあります。
そろばんを習い始めるタイミングは、幼児期からでも小学生からでも遅くありません。
そろばん教室は、子供のニーズに合わせて慎重に選ぶべきです。
そろばんを習うことは、単に計算の道具としてではなく、子供の能力や目標を育む教育としても有効です。
そろばんに興味のある方は、親子で一緒にそろばんを始めてみるのはいかがでしょうか?

親子でそろばんを学ぶことで親子のコミュニケーションも増え絆が深まります。

また近くにそろばん教室がない方は、オンラインでそろばんを学ぶのはいかがでしょうか?

現在は自宅にいながら自分の時間に合わせてそろばんを学ぶことも可能です。

ご興味がある方はそれぞれ無料体験ができますので試してみるのも良いかもしれませんよ!? 

いしど式オンライン」はズームを使ってご自宅に居ながら先生からの指導が受けられます。

よみかきそろばんくらぶ」はそろばんだけでなく、読み書きや算数もオンラインで学べる教室です。

あおぞらパス」は先生とのやり取りはなく、動画を見ながら自分のペースで学習を行うことが出来ます。

最後に私が現在使っているそろばんと本を紹介します。↓

¥1,045 (2024/03/17 06:03時点 | Amazon調べ)

現在私はこの本を使ってそろばんを勉強しています。

とても分かりやすくて面白いですよ!

これが私が現在使っているそろばんです。

はじめは安くてもいいかなと思いこれをAmazonで購入してみました。

プラスチックなので軽いですが、問題なく使えます。

¥1,760 (2024/03/17 14:02時点 | Amazon調べ)

これが子供が使っているそろばんです。

我が家では現在親子でそろばんができるようにまずは私がそろばんを楽しむところから始めています。

もう少し小さい頃からそろばんに親しむにはこちらがおススメです。↓

<関連記事>

コメント

タイトルとURLをコピーしました