【受験の味方!】速読とそろばんで学力アップする3つのポイント

習い事

  • 受験や資格試験を控えている
  • 脳の潜在能力をもっと引き出したい
  • 今の学習方法にもっと変化が欲しい

そのような方たちには私は

速読とそろばんをおすすめします!

速読とそろばんは、学力をアップするだけでなく、脳の発達にも良い影響を与える

と言われています。

そうはいっても速読とそろばんはどのように学力に影響するの?

また速読とそろばんの効果的な学習方法は?

この記事では、速読とそろばんのメリット、相乗効果、学習方法について詳しく解説します。

あなたも速読とそろばんで、今日から学力アップを目指しませんか?

少しでも興味を持たれた方は下記をぜひ読み進めてください。

速読とそろばんのメリット

読書や勉強は、知識やスキルを身につけるために欠かせない活動です。


しかし、読書や勉強には時間や労力がかかります。


そこで読書や勉強の効率を高める方法として、速読とそろばんが注目されています。


速読とそろばんは、以下のようなメリットがあります。

  1. 速読は読書速度を向上させるだけでなく、理解力や記憶力も高める
  2. そろばんは右脳を活性化させるだけでなく、注意力や集中力も高める
  3. 速読とそろばんを組み合わせると、脳の両方の機能をバランスよく使える

それぞれ解説していきます。

速読は読書速度を向上させるだけでなく、理解力や記憶力も高める

速読とは、一般的な読書よりも速く文字や文章を読む技術のことです。
速読をすると、読書速度が向上するだけでなく、理解力や記憶力も高まります。
なぜなら、速読をすると、以下のような効果があるからです。

  • 視野を広げる:速読をすると、一度に多くの文字や文章を目に入れることができます。
    これにより、視野が広がり、文章の全体像や構造を把握しやすくなります。
    また、視野が広がると、脳の視覚野が刺激され、脳の活性化にもつながります。
  • 集中力を高める:速読をすると、読む速度が速くなるため、読む間に他のことに気が散りにくくなります。
    これにより、集中力が高まり、文章の内容を深く理解しやすくなります。
    また、集中力が高まると、脳の前頭葉が刺激され、脳の活性化にもつながります。
  • 記憶力を強化する:速読をすると、読む速度が速くなるため、読んだ内容を短期記憶に留めやすくなります。
    これにより、記憶力が強化され、読んだ内容を長期記憶に移しやすくなります。
    また、記憶力が強化されると、脳の海馬が刺激され、脳の活性化にもつながります。

詳しくはこちらの記事も参考にしてください。↓

そろばんは右脳を活性化させるだけでなく、注意力や集中力も高める

そろばんとは、数字や計算を行うための道具のことです。
そろばんを使うと、右脳を活性化させるだけでなく、注意力や集中力も高まります。
なぜなら、そろばんを使うと、以下のような効果があるからです。

  • 空間認識能力を向上させる:そろばんを使うと、珠の位置や動きを視覚的に捉えることができます。
    これにより、空間認識能力が向上し、立体的な思考やイメージ力が高まります。
    また、空間認識能力が向上すると、脳の右半球が刺激され、脳の活性化にもつながります。
  • 計算能力を高める:そろばんを使うと、数字や計算を素早く正確に行うことができます。
    これにより、計算能力が高まり、論理的な思考や判断力が高まります。また、計算能力が高まると、脳の左半球が刺激され、脳の活性化にもつながります。
  • 暗算能力を強化する:そろばんを使うと、珠の位置や動きを頭の中でイメージすることができます。
    これにより、暗算能力が強化され、記憶力や集中力が高まります。
    また、暗算能力が強化されると、脳の両半球が連携し、脳の活性化にもつながります。

詳しくはこちらの記事も参考にしてください。↓

速読とそろばんを組み合わせると、脳の両方の機能をバランスよく使える

速読とそろばんは、それぞれに脳の異なる部分や機能を刺激します。

速読は、視覚野や前頭葉や海馬などの脳の左半球に関係する部分を刺激します。

そろばんは、右半球に関係する部分を刺激します。

速読とそろばんを組み合わせると、脳の両方の機能をバランスよく使うことができます。
これにより、以下のような効果が期待できます。

  • 学力を向上させる:速読とそろばんを組み合わせると、読書や勉強の効率や効果が高まります。
    速読で読書速度や理解力や記憶力を高めると、知識や情報を効果的に吸収できます。
    そろばんで空間認識能力や計算能力や暗算能力を高めると、問題解決や応用力を高めることができます。
    これらの能力は、学校の教科や試験にも役立ちます。
  • 創造力を発揮する:速読とそろばんを組み合わせると、創造力や発想力が高まります。
    速読で視野を広げると、様々な視点やアイデアを得ることができます。
    そろばんで立体的な思考やイメージ力を高めると、オリジナルな作品や発明を生み出すことができます。
    これらの能力は、芸術や科学などの分野にも役立ちます。
  • 自信を持つ:速読とそろばんを組み合わせると、自信や自己肯定感が高まります。
    速読で集中力を高めると、読書や勉強に没頭できます。
    そろばんで判断力を高めると、自分の意思や判断に自信を持てます。これらの能力は、人生やキャリアにも役立ちます。

速読とそろばんの相乗効果

速読とそろばんは、それぞれにメリットがありますが、両方を習得すると、さらに相乗効果が期待できます。

  • 速読とそろばんを組み合わせると、脳の両方の機能をバランスよく使うことができます。
    左脳と右脳が連携すると、脳の活性化や創造力の向上につながります。
  • 速読とそろばんを組み合わせると、読書や計算のスピードと正確さを同時に向上させることができます。
    速読で読書速度を高めると、そろばんで計算速度を高めるのにも役立ちます。
    そろばんで計算力を高めると、速読で読書力を高めるのにも役立ちます。
  • 速読とそろばんを組み合わせると、学習効果や自信を高めることができます。
    速読で読書や勉強の楽しさや自信を増やすと、そろばんで計算や問題解決の楽しさや自信を増やすのにも役立ちます。
    そろばんで計算や問題解決の楽しさや自信を増やすと、速読で読書や勉強の楽しさや自信を増やすのにも役立ちます。

速読とそろばんの学習方法

それでは速読とそろばんを実際に学習していく方法を解説します。

速読とそろばんの学習方法は、以下のようになります。

速読は毎日短時間でも継続的にトレーニングすることが重要

速読を身につけるには、毎日短時間でも継続的にトレーニングすることが重要です。
なぜなら、速読は習慣や感覚を身につけることが必要だからです。
速読のトレーニングには、以下のような方法があります。

  • 文字や文章を追う:速読の基本は、文字や文章を追うことです。
    文字や文章を追うときには、目や指を使って一定の速度で動かします。
    目や指を使うことで、視覚的な情報を効率的に処理できます。
    文字や文章を追うときには、以下のようなポイントに注意します。
  • 速度を徐々に上げる:最初はゆっくりと文字や文章を追います。
    慣れてきたら、速度を徐々に上げていきます。
    速度を上げることで、読書速度や理解力を高めることができます。
  • 一行や一段落をまとめて読む:一文字ずつ読むのではなく、一行や一段落をまとめて読むようにします。
    一行や一段落をまとめて読むことで、文章の全体像や構造を把握しやすくなります。
  • 余計な声や音を出さない:文字や文章を追うときには、余計な声や音を出さないようにします。
    声や音を出すと、読書速度や理解力が低下する可能性があります。

そして速読の学習の応用編としては

文章の内容を要約する


ことがとても効果的です。

文章の内容を要約するときには、以下のような方法があります。

  • キーワードやメインアイデアを抽出する
    文章の内容を要約するときには、キーワードやメインアイデアを抽出します。
    キーワードやメインアイデアは、文章の主題や主張や目的などを表す言葉です。
    キーワードやメインアイデアを抽出することで、文章の内容を簡潔に表現できます。
  • 自分の言葉で書き出す
    文章の内容を要約するときには、自分の言葉で書き出します。
    自分の言葉で書き出すことで、文章の内容を理解しやすくなります。

速読の学習方法についてはコチラの記事も参考にしてください。↓

そろばんは基本的な技術を身につけた後、暗算や読上算などの応用問題に挑戦することが重要

そろばんを身につけるには、基本的な技術を身につけた後、暗算や読上算などの応用問題に挑戦することが重要です。


なぜなら、そろばんは計算だけでなく、空間認識やイメージ力も必要だからです。


そろばんの学習方法には、以下のような方法があります。

珠の位置や動きを覚える

そろばんの基本は、珠の位置や動きを覚えることです。 
そろばんの使い方についてはコチラを参考にしてください。

暗算や読上算などの応用問題に挑戦する

そろばんの応用は、暗算や読上算などの応用問題に挑戦することです。
暗算や読上算などの応用問題に挑戦するときには、以下のような方法があります。

暗算

暗算とは、そろばんを使わずに頭の中で計算することです。
暗算をするときには、以下のような方法があります。

  • 珠のイメージを作る:暗算をするときには、珠の位置や動きを頭の中でイメージします。
    珠のイメージを作ることで、そろばんの感覚を利用できます。
  • 計算の工夫をする:暗算をするときには、計算の工夫をします。
    計算の工夫とは、計算を簡単にするために、数字の並びや順序を変えたり、足し算や引き算を掛け算や割り算に変えたりすることです。
    計算の工夫をすることで、計算の速度や正確さを高めることができます。

そろばんを使った暗算は珠算式暗算と呼ばれています。

珠算式暗算についてはコチラの記事を参考にしてください。↓

読上算

読上算とは、そろばんの珠の位置や動きを見て、計算の答えを読み上げることです。
読上算をするときには、以下のような方法があります。

  • 珠の位置を確認する:読上算をするときには、珠の位置を確認します。
    珠の位置を確認することで、計算の答えを把握できます。
  • 答えを声に出す:読上算をするときには、答えを声に出します。
    答えを声に出すことで、計算の答えを記憶しやすくなります。

速読とそろばんのトレーニングは、教室やオンライン講座などの専門的な指導を受けると効果的

速読とそろばんのトレーニングは、自分で行うこともできますが、教室やオンライン講座などの専門的な指導を受けると、より効果的です。

なぜなら、専門的な指導を受けると、以下のようなメリットがあるからです。

  • 正しい方法やコツを学べる
    専門的な指導を受けると、速読やそろばんの正しい方法やコツを学べます。
    正しい方法やコツを学ぶことで、速読やそろばんの技術を効率的に向上させることができます。
  • フィードバックやアドバイスをもらえる
    専門的な指導を受けると、フィードバックやアドバイスをもらえます。
    フィードバックやアドバイスをもらうことで、速読やそろばんの課題や改善点を把握しやすくなります。
  • モチベーションや楽しさを保てる
    専門的な指導を受けると、モチベーションや楽しさを保てます。
    モチベーションや楽しさを保つことで、速読やそろばんの学習を継続しやすくなります。

速読やそろばんの教室が近所にあればよいですが、近くにない方は現在はそれぞれオンライン学習もできるようになっています。

速読のおすすめオンライン学習

小学生、中学生はコチラがおすすめです! ↓

社会人の方はコチラがおススメです! ↓



 

 

1日7分で速読を学べます。↓



そろばんのおすすめオンライン学習

いしど式オンライン」はズームを使ってご自宅に居ながら先生からの指導が受けられます。

よみかきそろばんくらぶ」はそろばんだけでなく、読み書きや算数もオンラインで学べる教室です。

あおぞらパス」は先生とのやり取りはなく、動画を見ながら自分のペースで学習を行うことが出来ます。

そうは言っても「そろばん」と「速読」1つ習うとしたらどっちが良いの?

そろばんと速読の相乗効果については良くわかるが、二つ同時にやる時間はない。

どっちを優先的にやったらよいの?

という方もいらっしゃると思います。

そろばんと速読はどちらも計算力や集中力を高める効果がありますが、目的によっておすすめが異なります。

一般的には、以下のような傾向があります。

  • そろばんは、日常生活で使う計算能力や右脳の活性化に役立ちます。
    また、そろばんを習うことで、暗算力や記憶力も向上すると言われています。
  • 速読は、受験や学校生活で役立つ計算能力や左脳の活性化に役立ちます。
    また、速読を習うことで、読書速度や理解力も向上すると言われています。

したがって、あなたがどのような目的をもっているかでそろばんか速読、どちらを習うか選択肢が変わります。
例えば、どちらを先に習おうか迷っているかは以下のような決め方を参考にしてはいかがしょうか?

  • 学校の授業に先取りして学びたい場合は、速読がおすすめです。
    速読を習うことで、学校の教科書や参考書を効率的に読み、理解することができます。
  • 社会に出てからも長期的に役立てたい場合は、そろばんがおすすめです。
    そろばんを習うことで、買い物や割り勘などの日常的な計算を素早く正確に行うことができます。

もちろん、そろばんと速読は両方とも有用なスキルですので、両方習うことも可能です。


しかし、両方習う場合は、時間や費用などの制約も考慮する必要があります。

また上記にお伝えしたように両方習うことで、脳の両方の機能をバランスよく使えるというメリットもあります。

以上のことを参考にして、あなたに合った方を選んでみてください。どちらかをある程度身に着けたらもう一方に取り組むのも良いと思います!

私はそろばんも速読もどちらもかじりましたが、

どちらも楽しいですよ!

まとめ ~ 速読とそろばんで学力アップする3つのポイント ~

この記事では、速読とそろばんのメリット、相乗効果、学習方法について紹介しました。

速読とそろばんは、学力をアップするだけでなく、脳の発達にも良い影響を与える素晴らしいスキルです。

速読とそろばんを効果的に学習するには、毎日継続的にトレーニングし、専門的な指導を受けることがおすすめです。

そしてどちらか一方を学ぶ場合は、目的に合わせてそろばんか速読を選択するのがおすすめです。

あなたも速読とそろばんで、ぜひ学力アップを目指しましょう!

最後に速読、そろばんのおすすめオンライン学習をご紹介します。

気になったところがあれば、ぜひ体験してみてください!

速読のオンライン学習

小学生、中学生はコチラがおすすめです! ↓

社会人の方はコチラがおススメです! ↓


1日7分で速読を学べます。↓


速読に関して詳しくはこちらの記事も参考にしてください。↓

そろばんのオンライン学習

いしど式オンライン」はズームを使ってご自宅に居ながら先生からの指導が受けられます。

よみかきそろばんくらぶ」はそろばんだけでなく、読み書きや算数もオンラインで学べる教室です。

あおぞらパス」は先生とのやり取りはなく、動画を見ながら自分のペースで学習を行うことが出来ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました