【そろばんで脳を活性化!】大人のための基本的なやり方とその効果

習い事

そろばんを大人が学ぶことにはどんな効果があるのでしょうか?

そろばんというと、子供の算数の勉強に使うものというイメージが強いかもしれませんが、実は大人にとっても素晴らしい学習ツールなのです。

そろばんは、脳の活性化や認知症予防などに効果があり、大人が学ぶ価値は十分にあります。

この記事では、そろばんの効果と基本的なやり方と独学の方法と上達のためのコツについて詳しく解説していきます。

そろばんに興味がある方や、そろばんを学びたい方や、そろばんを上達させたい方の参考になれば幸いです。

そしてぜひとも、この記事を読み進めてから、そろばんに挑戦してみてほしいです!

そろばんの魅力や楽しさを感じることができると思います。

それでは、早速、そろばんの効果について見ていきましょう。

そろばんの効果とは?

そろばんを大人が学ぶことにはどんな効果があるのでしょうか?

そろばんは単なる計算道具ではなく、脳の活性化や認知症予防など、さまざまなメリットがあります。

ここでは、そろばんの効果について詳しく解説します。

脳を使うことで認知症の予防になる

まずは、脳を使うことで認知症の予防になるという効果について見ていきましょう。

認知症とは、記憶力や判断力などの認知機能が低下する病気です。

認知症になると、日常生活に支障が出たり、人格や感情が変わったりすることがあります。

認知症にはさまざまな原因がありますが、加齢や遺伝などは避けられない要因です。

しかし、認知症は必ずしも老化の過程ではなく、予防や治療が可能な病気です。

認知症の予防には、脳を使うことが重要です!

脳は筋肉と同じで、使わないと衰えてしまいます。

脳を使うということは、新しいことに挑戦したり、難しい問題に取り組んだりすることです。

脳を使うことで、脳の神経細胞やそのつながりが強化され、脳の機能が向上します。

脳の機能が向上すると、認知機能も保たれ、認知症の発症リスクが低下します。

そろばんは、脳を使うのに最適なツールです。

そろばんを使うときには、計算の手順や答えを頭の中でイメージしながら、玉をはじいていきます。

これは、脳の左半球と右半球を同時に活用することになります。

左半球は言語や論理的思考に関係する部分で、右半球は空間認識や直感に関係する部分です。

そろばんを使うことで、両方の半球をバランスよく刺激し、脳全体の機能を高めることができます。

そろばんを習うことで、計算力だけでなく、記憶力や集中力、注意力などの認知機能も向上します。

これらの認知機能は、認知症の予防にも役立ちます。

そろばんを習うことは、脳トレーニングの一種と言えます。

脳トレーニングは、認知症の予防に効果的な方法の一つとして、世界保健機関(WHO)や日本医師会などの機関からも推奨されています 。

問題を聴くことによって思考力が付く

思考力とは、物事を論理的に分析したり、創造的に解決したりする能力のことです。

思考力は、仕事や勉強はもちろん、日常生活においても重要なスキルです。

思考力を高めるには、様々な問題に挑戦することが効果的です。

問題に挑戦することで、脳の回路を刺激し、柔軟性や発想力を鍛えることができます。

そろばんは、思考力を高めるのに最適なツールです。

そろばんを使うときには、問題を聴くことが多くあります。

問題を聴くということは、問題の内容や条件を正確に理解し、頭の中で計算の手順を組み立てることです。

これは、脳の前頭葉を活用することになります。

前頭葉は、計画や判断、推論などの高次の認知機能に関係する部分です。

そろばんを使うことで、前頭葉を鍛え、思考力を向上させることができます。

そしてそろばんを習うことで、思考力だけでなく、聴力や記憶力、集中力などの認知機能も向上します。

これらの認知機能は、思考力を支える基礎的な能力です。

思考力を高めるには、これらの認知機能も同時に鍛える必要があります。

そろばんを習うことは、思考力を高めるためのトレーニングの一種と言えます。

思考力を高めることは、仕事や勉強の効率や成果を上げるだけでなく、自信や満足感も得ることができます。

玉をはじくことで指先のリハビリになる

指先のリハビリとは、指の動きや感覚を回復させることです。

指先のリハビリは、手や腕にけがをしたり、神経や筋肉に障害がある人にとっては必要なことです。

しかし、指先のリハビリは、健康な人にとっても有益なことです。

指先のリハビリは、血行を良くしたり、関節を柔らかくしたり、手の疲れをとったりすることができます。

また、指先のリハビリは、脳と指のつながりを強化し、脳の機能を向上させることもできます。

そろばんは、指先のリハビリに最適なツールです。

そろばんを使うときには、玉をはじくことが多くあります。

玉をはじくということは、指の先端に力を加えて、玉を上下に動かすことです。

これは、指の筋力や柔軟性を鍛えることになります。

また、玉をはじくときには、玉の位置や音に注意を払います。

これは、指の感覚や協調性を鍛えることになります。

そろばんを使うことで、指の動きや感覚を回復させ、指先のリハビリを行うことができます。

そろばんを習うことで、指先のリハビリだけでなく、計算力や思考力、記憶力、集中力などの認知機能も向上します。

これらの認知機能は、指先のリハビリと密接に関係しています。

指先のリハビリは、脳と指のつながりを強化し、脳の機能を向上させることができます。

脳の機能が向上すると、認知機能も保たれ、認知症の予防にも役立ちます。

そろばんを習うことは、指先のリハビリと認知機能の向上の両方を目指すことができます。

またそろばんは、指の筋力や柔軟性、感覚や協調性も鍛えることができます。

そろばんを使うことで、指の動きや感覚を回復させ、指先のリハビリを行うことができます。

そろばんを習うことで、指先のリハビリだけでなく、計算力や思考力、記憶力、集中力などの認知機能も向上します。

このようにそろばんは、指先のリハビリと認知機能の向上の両方を目指すことができます。

手を瞬時に動かすことで判断力がつく

判断力とは、物事を正しく評価したり、適切な選択をしたりする能力のことです。

判断力は、仕事や勉強はもちろん、日常生活においても重要なスキルです。

判断力を高めるには、素早くかつ正確に情報を処理することが効果的です。

情報を処理することで、脳の回路を刺激し、判断力を鍛えることができます。

そろばんは、判断力を高めるのに最適なツールです。

そろばんを使うときには、手を瞬時に動かすことが多くあります。

手を瞬時に動かすということは、計算の手順や答えを素早く判断し、玉を上下に動かすことです。

これは、脳の側頭葉を活用することになります。

側頭葉は、記憶や言語、視覚などの認知機能に関係する部分です。

そろばんを使うことで、側頭葉を鍛え、判断力を向上させることができます。

そろばんを習うことで、判断力だけでなく、計算力や思考力、記憶力、集中力などの認知機能も向上します。

これらの認知機能は、判断力を支える基礎的な能力です。

判断力を高めるには、これらの認知機能も同時に鍛える必要があります。

そろばんを習うことは、判断力を高めるためのトレーニングの一種と言えます。

判断力を高めることは、仕事や勉強の効率や成果を上げるだけでなく、自信や満足感も得ることができます。

集中して取り組むことでストレス解消にもなる

ストレスとは、心身に負担をかけることです。

ストレスは、仕事や勉強のプレッシャーや人間関係のトラブルなど、さまざまな原因で起こります。

ストレスは、適度な量ならば、やる気や集中力を高める効果があります。

しかし、ストレスが過剰になると、不安やイライラ、不眠などの症状を引き起こします。

また、ストレスが長期に続くと、免疫力の低下や高血圧、心臓病などの病気のリスクも高まります。

ストレスは、心身の健康に悪影響を及ぼすことが分かっています。

ストレスを解消するには、リラックスすることが重要です。

リラックスするということは、心身の緊張をほぐして、心地よい状態になることです。

リラックスすることで、ストレスの症状を和らげたり、ストレスに対する耐性を高めたりすることができます。

リラックスする方法は、人によって異なりますが、趣味や運動、音楽や読書など、自分の好きなことをすることが効果的です。

そろばんは、リラックスするのに最適なツールです。

そろばんを使うときには、集中して取り組むことが多くあります。

集中して取り組むということは、自分の興味や目標に没頭することです。

これは、心理学でフローと呼ばれる状態になることになります。

フローとは、時間や空間を忘れて、楽しくやりがいを感じる状態のことです。

フローになると、ストレスや不安を忘れて、リラックスすることができます。

また、フローになると、自己肯定感や達成感も得ることができます。

そろばんを習うことで、集中して取り組むことでストレス解消にもなるという効果があります。

毎日継続することで持続力がつく

持続力とは、目標や計画に対して、最後までやり遂げる能力のことです。

持続力は、仕事や勉強はもちろん、日常生活においても重要なスキルです。

持続力を高めるには、習慣化することが効果的です。

習慣化するということは、毎日決まった時間や場所で、決まったことを行うことです。

習慣化することで、自分の意志に関係なく、自然と行動するようになります。

習慣化することで、目標達成の確率や速度を上げることができます。

そろばんは、持続力を高めるのに最適なツールです。

そろばんを使うときには、毎日継続することが多くあります。

毎日継続するということは、毎日決まった時間や場所で、そろばんの練習を行うことです。

これは、そろばんの習得には、繰り返しの練習が必要だからです。

そろばんの練習を毎日継続することで、そろばんの技術や知識を定着させることができます。

また、毎日継続することで、自分の目標や計画に対する責任感やモチベーションも高まります。

そろばんを使うことで、毎日継続する習慣を身につけ、持続力を向上させることができます。

そろばんを習うことで、持続力だけでなく、計算力や思考力、記憶力、集中力などの認知機能も向上します。

これらの認知機能は、持続力を支える基礎的な能力です。

持続力を高めるには、これらの認知機能も同時に鍛える必要があります。

そろばんを習うことは、持続力を高めるためのトレーニングの一種と言えます。

持続力を高めることは、仕事や勉強の効率や成果を上げるだけでなく、自信や満足感も得ることができます。

間違いをやり直すことで忍耐力がつく

忍耐力とは、困難や苦痛に耐えることです。

忍耐力は、仕事や勉強はもちろん、日常生活においても重要なスキルです。

忍耐力を高めるには、失敗や挫折に立ち向かうことが効果的です。

失敗や挫折に立ち向かうことで、脳の回路を刺激し、忍耐力を鍛えることができます。

そろばんは、忍耐力を高めるのに最適なツールです。

そろばんを使うときには、間違いをやり直すことが多くあります。

間違いをやり直すということは、自分のミスを認めて、正しい方法を探すことです。

これは、脳の前頭前野を活用することになります。

前頭前野は、自己制御や自己評価、自己修正などの認知機能に関係する部分です。

そろばんを使うことで、前頭前野を鍛え、忍耐力を向上させることができます。

そろばんを習うことで、忍耐力だけでなく、計算力や思考力、記憶力、集中力などの認知機能も向上します。

これらの認知機能は、忍耐力を支える基礎的な能力です。

忍耐力を高めるには、これらの認知機能も同時に鍛える必要があります。

そろばんを習うことは、忍耐力を高めるためのトレーニングの一種と言えます。

忍耐力を高めることは、仕事や勉強の効率や成果を上げるだけでなく、自信や満足感も得ることができます。

そろばんの基本的なやり方とコツとは

そろばんの基本的なやり方をお伝えする前に、まずは

そもそも「そろばん」の玉が表す意味とは何か?

についてお伝えします。

そのあとに

そろばんでは数十桁の計算ができるということ、

そろばんの計算のコツとは何か、

というポイントについてもお伝えします。

そろばんの玉が表す意味とは

そろばんは、一般的に、一列に五つの玉が並んだものが十列ほど並んだものです。

一列の中で、上の一つの玉を天珠、下の四つの玉を地珠と呼びます。

天珠は五の位を、地珠は一の位を表します。

一列の中で、玉を中央の横棒に近づけると、その玉の値が有効になります。

例えば、一列目の天珠を中央に近づけると、その列は五になります。

一列目の地珠を一つ中央に近づけると、その列は一になります。

一列目の天珠と地珠を一つずつ中央に近づけると、その列は六になります。

このようにして、一列目は一から九までの数字を表すことができます。

二列目以降も同じようにして、一列目の十倍、百倍、千倍となる数字を表すことができます。

例えば、二列目の天珠を中央に近づけると、その列は五十になります。

二列目の地珠を三つ中央に近づけると、その列は三十になります。

二列目の天珠と地珠を一つずつ中央に近づけると、その列は十五になります。

このようにして、そろばんの玉が表す意味を理解することができます。

そろばんでは数十桁の計算ができるということ

 そろばんでは、一列目から十列目までの玉を使って、数十桁の計算ができるということです。

例えば、一列目から五列目までの玉を使って、五桁の計算ができます。

一列目から十列目までの玉を使って、十桁の計算ができます。

もちろん、そろばんの列数が多ければ多いほど、計算できる桁数も増えます。

そろばんでは、足し算や引き算、掛け算や割り算など、基本的な四則演算だけでなく、剰余や平方根など、応用的な計算もできます。

そろばんでは、数十桁の計算ができるということを覚えておきましょう。

そろばんの計算のコツとは

そろばんの計算のコツとは、計算の手順を覚えることと、計算の速度を上げることです。

計算の手順を覚えるには、そろばんの教材やオンライン学習を使って、繰り返し練習することが効果的です。

計算の速度を上げるには、玉をはじくときに、指の先端だけでなく、指の関節や手首も使うことが重要です。

また、玉をはじくときに、玉の位置や音に注意を払うことも大切です。

玉の位置や音によって、計算の正確さや進行度を把握することができます。

そろばんの計算のコツを身につけることで、計算の精度や効率を高めることができます。

以上が、そろばんの基本的なやり方についての説明です。

そろばんの基本的なやり方をマスターすることで、そろばんの効果を最大限に引き出すことができます。

そろばんに興味がある方は、ぜひ挑戦してみてくださいね。

そろばんの独学の方法とは

そろばんの独学の方法とは、そろばんの教材やオンライン学習を使って、自分のペースでそろばんを学ぶことです。

そろばんの教材やオンライン学習には、様々な種類やレベルがあります。

自分の目的やニーズに合わせて、適切なものを選ぶことが大切です。

そろばんの独学の方法のメリットは、以下のようなものがあります。

  • 時間や場所を選ばずに学べる
  • 費用を抑えられる
  • 自分のレベルやペースに合わせて学べる
  • 学習の進捗や成果を自分で管理できる
  • 学習のモチベーションを高められる

そろばんの独学の方法のデメリットは、以下のようなものがあります。

  • 教えてくれる人がいない
  • 疑問や困難に直面したときに対処できない
  • 学習の習慣や継続ができない
  • 学習の質や効果が低い
  • 学習の楽しさややりがいが感じられない

そろばんの独学の方法を成功させるためには、以下のようなポイントがあります。

  • 目標や計画を立てる
  • 適切な教材やアプリを選ぶ
  • 定期的に学習する
  • フィードバックや評価を受ける
  • 学習の成果や楽しさを共有する

そろばんのおすすめ教材やオンライン学習について

それでは、そろばんの教材やオンライン学習についてご紹介します

脳科学者・澤口俊之さんが監修しています。

そろばんが脳にどのような効果があるかを詳しく知りたい方はこちらの本をぜひ!

そろばんの基礎はこのドリルで身に着きます!

私はこれをバイブルに毎日そろばんに励んでいます!

あおぞらパス」はオンライン学習ですが、先生とのやり取りはなく、動画を見ながら自分のペースで学習を行うことが出来ます。

そのため大人の独学には最適です!

興味を持った方は無料体験もできますよ。

以上が、そろばんの教材やオンライン学習の紹介でした。

自分の学習しやすいもので始めるのが一番です。

ぜひいろいろ試してみてください。

そろばんの練習のポイントとは

そろばんの練習のポイントとは、そろばんの技術や知識を定着させるために、効果的な練習方法や練習量を知ることです。

そろばんの練習のポイントには、以下のようなものがあります。

  1. 練習の目的や目標を明確にする
  2. 練習の難易度や時間を調整する
  3. 練習の内容や順序を工夫する
  4. 練習の成果や課題を確認する
  5. 練習の楽しさややりがいを感じる

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

練習の目的や目標を明確にする

そろばんの練習の目的や目標を明確にすることで、練習の方向性や意義を見失わないようにすることができます。

練習の目的や目標は、自分のレベルやニーズに合わせて設定しましょう。

例えば、そろばんの基本を身につけたいという目的なら、足し算や引き算などの基本的な計算を練習することが目標になります。

また、そろばんの練習の目的や目標は、具体的で達成可能で測定可能で時間的に限定されたものにしましょう。

例えば、一週間で足し算の正答率を90%以上にするという目標なら、具体的で達成可能で測定可能で時間的に限定されたものになります。

そろばんの練習の目的や目標を明確にすることで、練習のモチベーションや効果を高めることができます。

練習の難易度や時間を調整する

そろばんの練習の難易度や時間を調整することで、練習の負担や疲労を適切に管理することができます。

練習の難易度や時間は、自分のレベルや状況に合わせて調整しましょう。

例えば、そろばんの初心者なら、簡単な計算から始めて、徐々に難易度を上げていくことがおすすめです。

また、そろばんの練習の難易度や時間は、過度に高くしたり長くしたりしないことが大切です。

過度に高くしたり長くしたりすると、練習の効果が低下したり、練習に対する嫌悪感やストレスが生じたりする可能性があります。

そろばんの練習の難易度や時間を調整することで、練習の効率や快適さを高めることができます。

練習の内容や順序を工夫する

そろばんの練習の内容や順序を工夫することで、練習の質や多様性を高めることができます。

練習の内容や順序は、自分の目的や目標に合わせて工夫しましょう。

例えば、そろばんの計算力を向上させたいという目的なら、計算の種類や桁数を変えて、様々な計算に対応できるようにすることが目標になります。

また、そろばんの練習の内容や順序は、単調にならないようにすることが重要です。

単調になると、練習の効果が低下したり、練習に対する飽きや退屈が生じたりする可能性があります。

そろばんの練習の内容や順序を工夫することで、練習の成果や楽しさを高めることができます。

練習の成果や課題を確認する

そろばんの練習の成果や課題を確認することで、練習の効果や改善点を把握することができます。

練習の成果や課題を確認するには、練習の前後に自己評価やテストを行うことが効果的です。

自己評価やテストを行うことで、練習の目的や目標に対する達成度や理解度を測ることができます。

また、練習の成果や課題を確認するには、他者からのフィードバックや評価を受けることも有効です。

他者からのフィードバックや評価を受けることで、練習の問題点や改善点を指摘してもらうことができます。

そろばんの練習の成果や課題を確認することで、練習の精度や効果を高めることができます。

練習の楽しさややりがいを感じる

 そろばんの練習の楽しさややりがいを感じることで、練習の継続やモチベーションを高めることができます。

練習の楽しさややりがいを感じるには、練習の目的や目標に対する自信や達成感を持つことが大切です。

自信や達成感を持つことで、練習に対する興味や関心を高めることができます。

また、練習の楽しさややりがいを感じるには、練習の成果や楽しさを他者と共有することも効果的です。

他者と共有することで、練習に対する評価や支持を得ることができます。

そろばんの練習の楽しさややりがいを感じることで、練習の継続やモチベーションを高めることができます。

以上が、そろばんの練習のポイントでした。

そろばんの練習のポイントを理解することで、そろばんの技術や知識を定着させることができます。

そろばんの練習のポイントを実践することで、そろばんの効果を最大限に引き出すことができます。

そしてそろばんの練習には、目的や目標を明確にすることや、難易度や時間を調整すること、内容や順序を工夫することや、成果や課題を確認すること、楽しさややりがいを感じることがとても重要です。

そろばんに興味が出てきた方は、ぜひ挑戦してみてください!

そろばんの上達のためのコツとは

そろばんを大人が学ぶことにはどんな効果があるのでしょうか。

そろばんは単なる計算道具ではなく、脳の活性化や認知症予防など、さまざまなメリットがあります。

ここでは、そろばんの効果について詳しく解説します。

今回は、そろばんの上達のためのコツについて見ていきましょう。

そろばんの上達のためのコツとは、そろばんの技術や知識を高めるために、効果的な学習方法や学習環境を知ることです。

そろばんの上達のためのコツには、以下のようなものがあります。

  1. 学習の理論や原理を理解する
  2. 学習の反復や復習を行う
  3. 学習の挑戦や刺激を求める
  4. 学習の仲間や先生を見つける
  5. 学習の楽しさや達成感を味わう

それぞれのコツについて詳しく見ていきましょう!

学習の理論や原理を理解する

    そろばんの学習の理論や原理を理解することで、学習の効果や意義を深めることができます。

学習の理論や原理を理解するには、そろばんの歴史や仕組み、計算法や応用法などを学ぶことが効果的です。

そろばんの歴史や仕組みを学ぶことで、そろばんの発展や進化、特徴や利点などを知ることができます。

そろばんの計算法や応用法を学ぶことで、そろばんの操作や技法、問題や解法などを知ることができます。

そろばんの学習の理論や原理を理解することで、学習の目的や目標を明確にすることができます。

学習の反復や復習を行う

    そろばんの学習の反復や復習を行うことで、学習の定着や強化を促進することができます。

学習の反復や復習を行うには、そろばんの練習やテストを繰り返し行うことが効果的です。

そろばんの練習やテストを繰り返し行うことで、そろばんの技術や知識を身につけることができます。

また、学習の反復や復習を行うには、学習の間隔や頻度を調整することも重要です。

学習の間隔や頻度を調整することで、学習の効率や効果を最適化することができます。

そろばんの学習の反復や復習を行うことで、学習の精度や速度を高めることができます。

学習の挑戦や刺激を求める

そろばんの学習の挑戦や刺激を求めることで、学習の成長や発展を促進することができます。

学習の挑戦や刺激を求めるには、そろばんの難問や競技に挑戦することが効果的です。

そろばんの難問や競技に挑戦することで、そろばんの技術や知識を試すことができます。

また、学習の挑戦や刺激を求めるには、そろばんの新しい方法や分野に挑戦することも有効です。

そろばんの新しい方法や分野に挑戦することで、そろばんの可能性や応用性を広げることができます。

そろばんの学習の挑戦や刺激を求めることで、学習の楽しさややりがいを高めることができます。

学習の仲間や先生を見つける

    そろばんの学習の仲間や先生を見つけることで、学習の支援や交流を促進することができます。

学習の仲間や先生を見つけるには、そろばんの教室やサークル、オンラインコミュニティなどに参加することが効果的です。

そろばんの教室やサークル、オンラインコミュニティに参加することで、そろばんの指導やアドバイス、フィードバックや評価を受けることができます。

また、学習の仲間や先生を見つけるには、そろばんの友達やパートナー、ライバルなどを作ることも有効です。

そろばんの友達やパートナー、ライバルを作ることで、そろばんの情報や経験、感想や意見を共有することができます。

そろばんの学習の仲間や先生を見つけることで、学習の助けや刺激を得ることができます。

学習の楽しさや達成感を味わう

そろばんの学習の楽しさや達成感を味わうことで、学習の継続やモチベーションを高めることができます。

学習の楽しさや達成感を味わうには、学習の目的や目標に対する自信や達成感を持つことが大切です。

自信や達成感を持つことで、学習に対する興味や関心を高めることができます。

また、学習の楽しさや達成感を味わうには、学習の成果や楽しさを他者と共有することも効果的です。

他者と共有することで、学習に対する評価や支持を得ることができます。

そろばんの学習の楽しさや達成感を味わうことで、学習の継続やモチベーションを高めることができます。

以上が、そろばんの上達のためのコツについての説明です。

そろばんの上達のためのコツを理解することで、そろばんの技術や知識を高めることができます。

そろばんの上達のためのコツを実践することで、そろばんの効果を最大限に引き出すことができます。

そろばんの上達を目指す方は、ぜひ挑戦してみてください!

まとめ ~そろばんを大人が学ぶことにはどんな効果があるのか? ~

  • そろばんは単なる計算道具ではなく、脳の活性化や認知症予防など、さまざまな効果がある
  • そろばんの効果を得るためには、そろばんの基本的なやり方をマスターすることが必要
  • そろばんの基本的なやり方をマスターするためには、そろばんの独学の方法を利用することが有効
  • そろばんの独学の方法を利用するためには、そろばんの教材やオンライン学習を選ぶことや、練習のポイントを知ることが重要
  • そろばんの技術や知識を高めるためには、そろばんの上達のためのコツを実践することが効果的
  • そろばんの上達のためのコツを実践するためには、学習の理論や原理を理解することや、学習の反復や復習を行うこと、学習の挑戦や刺激を求めることや、学習の仲間や先生を見つけること、学習の楽しさや達成感を味わうことが大切

以上が、そろばんを大人が学ぶことについての効果についてのまとめでした。

この記事を読んでそろばんに興味を持った方や、そろばんを学びたい方や、そろばんを上達させたい方の参考になれば幸いです。

そろばんは、大人にとっても素晴らしい学習ツールです。

ぜひ、そろばんにチャレンジしてみてくださいね!

自分一人では継続しづらい方はそろばんのオンライン教室もあります。

自宅にいながらそろばんを学べますし、おすすめですよ!

おすすめ教材とオンライン学習の紹介です。↓

脳科学者・澤口俊之さんが監修しています。

そろばんが脳にどのような効果があるかを詳しく知りたい方はこちらの本をぜひ!

そろばんの基礎はこのドリルで身に着きます!

私はこれをバイブルに毎日そろばんに励んでいます!

あおぞらパス」はオンライン学習ですが、先生とのやり取りはなく、動画を見ながら自分のペースで学習を行うことが出来ます。

そのため大人の独学には最適です!

興味を持った方は無料体験もできますよ。


コメント

タイトルとURLをコピーしました